犬の里親になりたい人を応援するブログ ~犬の引き取り、保健所の登録、飼育方法など丁寧に解説~

satozumu -サトズム-

気持ちや心理

犬が夜に寝場所を頻繁に変える意味について調べてみた

投稿日:2017年8月14日 更新日:

愛犬が夜寝ているとき、頻繁に寝場所を変えることって多くないですか?

我が家の愛犬も足元に寝ていたかと思うと、右へ左へ移動してはドスンと倒れるように横になります。

ようやく寝たかと思うとまた他の場所へと移動を繰り返し、床やソファと寝室内を移動しています。

愛犬と一緒に寝ている飼い主さんにとって、愛犬が動くと目が覚めてしまって寝不足になる方もいらっしゃるかと思います。

そこで今回は、犬が夜に寝場所を頻繁に変える意味について調べて分かったことをご紹介します。

犬が落ち着きが無いのか?それとも、他に何か理由があるのか?

犬の気持ちや心理に迫ってみましょう!

スポンサーリンク

そもそも犬はどんな場所で寝る?

犬ってそもそも、どんな場所で寝るのでしょうか?

たとえば、我が家の愛犬の場合だと、

  • ベッドの上(一緒に添い寝するとき)
  • 冷却マットの上
  • フローリングの床の上
  • ソファの上
  • 自分のニオイの付いたバスタオルが敷かれているカゴの中

などがあります。

我が家では比較的自由にさせているため、愛犬自身が好きなときに好きな場所で寝ることができる環境にあります。

引き取ったばかりの頃は、私が寝るベッドの上で寝場所を変えては翌朝までベッドの上で寝ていました。

でも、最近は犬用ステップ(階段)でベッドを降り、床やカゴの中、ソファの上などで寝場所を変えて寝ています。

犬用ステップについては、こちらの記事で詳しく書いています。

愛犬と一緒に寝ている飼い主さんへのおすすめ記事♪

 

では、一般的に犬はどんな場所で寝ているのか見てみましょう。

一般的な犬の寝場所に多い場所とは?

犬の寝場所に多い場所は、

  • クレート
  • ケージ
  • 犬用ベッド
  • 飼い主のベッド
  • お風呂のタイルの上
  • ソファの上
  • テーブルの下

などがありました。

クレートやケージ、犬用ベッドで寝る犬の多くは、ハウストレーニングを犬に教えたりして、飼い主さんが犬の寝る場所を決めている場合に多いようです。

一方、飼い主のベッドやお風呂のタイルの上、ソファの上、テーブルの下などで寝る犬は、比較的室内を自由に行き来することができる犬に多い寝場所です。

犬自身が自分で寝る場所を選ぶことができる環境の犬に多いようです。

ちなみに、犬が寝る前に見せるしぐさについて、こちらの記事にまとめています♪

 

今回のテーマは犬が寝場所を変える意味についてですから、クレートやケージ、犬用ベッドなど飼い主さんが犬の寝場所を決めている場合は当てはまらないので、省くことにします。

では、犬が室内を自由に動き回れる環境で犬自身が寝場所を決めている場合、犬はどんな理由から寝場所を『ココが寝心地良いワン♪』と決めるのでしょうか?

スポンサーリンク

犬は快適な寝場所を見つける天才?

実は犬は快適な寝場所を見つける天才なんです。

と言うのも、気温が高い日は日陰で涼しい場所で寝ていたり、気温が低い日はストーブの前や飼い主さんのぬくもりを感じられる場所で寝たりしています。

そう、犬は自分が行き来できる場所の中で、寝るのに快適な環境が整う場所を探すことが得意なんです。

他にも、

  • 洗濯し終えたふわふわの洗濯物の上
  • 日干しし終えたふかふかの布団の上
  • 自分や飼い主のニオイがするタオルや衣服の上
  • 壁や部屋の隅っこ
  • 体がスッポリ収まる狭い場所

などがあります。

これらの寝場所から分かる犬が寝場所を選ぶ理由は、

  • 涼しく温かい
  • ふわふわやふかふかで気持ちいい
  • 自分や飼い主のニオイが落ち着く
  • 部屋の隅っこで敵に襲われる心配が無い
  • 狭くて巣穴で寝ているような安心感がある

などが挙げられます。

つまり、犬はこういった場所を好んで寝場所を見つけていることが分かります。

では、自分で選んだ寝場所を転々と変えることにどんな意味があるのか見ていきましょう。

犬が寝場所を変えるのに意味はあるの?

人間はベッドや布団で寝るのが一般的で、「ココで寝る」と決めた場所で寝るものです。

そのため、寝心地の良さを得るために、

  • 寝具を変える
  • ベッドの位置を変える
  • 遮光カーテンに変える
  • 扇風機やエアコン、ストーブを使用する
  • パジャマやルームウェアを変える

など様々なものを変えることで、同じベッドや布団でも寝心地の良い環境を整えようとします。

でも、犬はどうでしょうか?

犬は人間と違って、自由に寝具を変えたり、室内環境をコントロールなどで寝心地の良さを得ることはできません。

もう、勘の良いあなたは、今回のテーマの答えが分かっているはずです。

そうです!犬は寝場所を変えることで寝心地の良さを得ているのです。

犬は寝場所を変えることで寝心地の良さを得る?

ここで忘れてはいけないことは、犬と人間では体のしくみが違うということです。

人間の場合、汗腺と呼ばれる汗を出す器官が全身にありますが、犬の場合は肉球や鼻の頭付近などにしかありません。

そのため、犬は人間と違って汗腺が少ないということが分かります。

汗腺が少ないということは、汗をかく場所が限られていることを意味します。

つまり、体温が高くなったときは、汗による体内の熱を体外に放出しづらいということが言えます。

さらに、犬種によりますが、全身にはコートのような被毛があり、人間よりも体内に熱が籠りやすくなる訳です。

では、ここで一つあなたに質問です。

気温が高い日に犬が人間のように同じ場所で寝続けていたらどうなるのでしょう。

汗腺が少なく汗の分泌量も少ない犬が同じ場所で寝続けると、犬は変わらず快適に寝ることができるでしょうか?

 

 

 

 

 

答えはNOですね。

なぜなら、人間でもそうですが、同じ場所で寝続けるということは、体が触れている部分が体温によって温められて暑いと感じます。

また、同じ姿勢で寝続けることは、体の一部分に体の重さがかかり体が一時的に痺れたり、疲れを感じます。

つまり、犬が寝場所を変えるのは、寝返りを打つことや体温調整の意味があるということです。

犬にとって寝場所を変えることは寝返りや体温の調整の意味がある!

犬は人間のように同じ場所で快適に寝るために、寝具や室内環境などを変えることができません。

周りの環境を変えられない犬にとって、自分自身が寝場所を変えることで寝心地の良さを得ているのです。

飼い主さんからすれば、あっちへこっちへと移動する愛犬に「もっと落ち着いて寝てくれないかな?」「愛犬が気になって眠れない!寝不足になる」と感じるかもしれません。

でも、愛犬があっちへこっちへと寝場所を変えることが多い場合は、愛犬にとって寝心地が悪い環境である可能性が高いことを理解しておきましょう。

たとえば、

  • 室内環境が暑さや寒さを感じる
  • 犬の寝場所に落ち着くニオイが無い
  • 飼い主のいびきや寝返りで落ち着いて寝れない
  • 人の出入りが多い場所に寝場所がある
  • 夜遅くまで明るい室内で眩しくて寝れない

などを参考に愛犬の寝場所の環境について、一度見直してみてくださいね。

ちなみに、我が家では季節ごとに合った愛犬の寝場所をいくつか用意しています。

たとえば、

  • 夏や気温が高い日はソファ(合皮)でヒンヤリ感を感じられるように何も敷かないでおく
  • 犬用の体感温度が低いシートを床に敷いておく
  • ベッドには夏用にヒンヤリ感じられる素材のものや冬用にボアの暖かな素材のものを敷いておく
  • 冬は床にカーペットを敷いたり、クッションなどを置いておく
  • 使用していない布団をドーム型に開けておき、好きな時に潜り込めるようにしておく
  • いつでも新鮮なお水が飲めるようにしておく

などのように、愛犬が熱い、寒いで自由に寝場所が選べるようにバリエーション豊富な寝場所を用意しています。

ただ、そこまで寝場所を増やしたくない場合やスペースがない場合は、愛犬がいつも寝る場所で体温調整ができる工夫をしてあげましょう。

たとえば、

  • 犬用のカーペットやヒンヤリ感を感じられるシートを敷く
  • 小型犬ならドーム型のベッドを用意し、寒くなったら入れるようにしておく

なども良いでしょう。

 

犬も寝ているときに夢を見るって知ってましたか?

さいごに

犬が寝場所を頻繁に変える意味は、犬自身が寝心地の良さを得ることにあったのですね。

確かに、日中昼寝をしている愛犬が最初はソファの上で寝ていたかと思うと、フローリングの床の上に移動します。

初代愛犬に限っては、玄関のタイル材の上で寝ていました。

今思えば、日陰でタイル材の上は冷たくて気持ち良かったんでしょうね。

人間よりも体温調整が難しい犬ですから、飼い主が愛犬に代わって寝心地の良い環境を整えてあげる必要があります。

また、あなたの愛犬が寝場所に選んだ場所がどんな理由でその場所を選んだのか観察してみるのも良いですね。

ぜひ、あなたの愛犬に快適な寝場所を作ってあげてくださいね!

愛犬の変わった寝場所や工夫していることなど、ぜひ、下記のコメントよりお知らせください♪

心よりお待ちしております(*^^*)

グーグルアドセンス

スポンサーリンク

-気持ちや心理

Copyright© satozumu -サトズム- , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.