犬の里親になりたい人を応援するブログ ~犬の引き取り、保健所の登録、飼育方法など丁寧に解説~

satozumu -サトズム-

気持ちや心理

犬が耳を後ろに倒すしぐさの意味や気持ちについて調べてみた

投稿日:2017年4月12日 更新日:

愛犬が耳を後ろに倒すしぐさを見て、「どんな意味があるのだろう?」と不思議に思ったことはありませんか?

ほとんどの人間は犬のように、自由に耳を動かすことができません。

人間にとって主な耳の役割は、音を聴くことなので動かす必要がありません。

だとすれば、耳を柔軟に動かすことができる犬の耳には、何か役割があるということが考えられます。

そこで今回は、犬が耳を後ろに倒す意味や気持ちについてご紹介したいと思います。

まずは、犬の耳の役割について理解を深めていきましょう。

スポンサーリンク

犬の耳の種類について

犬の耳には様々な種類があります。

大きく分けると、

  • 立ち耳
  • 垂れ耳

2種類に分けられます。

立ち耳

 

垂れ耳

細かく分けると10種類以上になるので、興味のある方は「犬の耳 種類」で調べてみてくださいね。

それにしても、同じ犬なのになぜ、立ち耳と垂れ耳があるのでしょうか?

立ち耳と垂れ耳の違いには理由があった!

犬は元々、立ち耳の種類しかいませんでした。

自分で獲物を捕らえるためには、立ち耳のこの構造がとても重要だったんです。

その理由は、立ち耳は獲物を探すときや一早く危険を察知するのに頭の上にあることで広範囲に渡って音を捉えることができ、都合が良かったという訳なんです。

一方、垂れ耳は人間が狩りを行うときに、撃ち落とした獲物を追跡させるのに都合が良い形なのです。

垂れ耳は顔の横に垂れているため、余計な音や風を遮ってくれるので獲物のニオイに集中して追跡することができます。

では次に、犬の立ち耳と垂れ耳の違いを踏まえ、犬の耳の役割について見ていきましょう。

犬の耳の役割について

犬の耳には、次のような役割があります。

  1. 音を聴く
  2. 平衡感覚を保つ
  3. 感情表現

1と2は、人間の耳の役割と同じですね。

音を集め、耳の中で振動に変えて脳に伝えることで、誰の声だとかどこから聞こえるのかを判断します。

また、耳には三半規管(さんはんきかん)と呼ばれる平衡感覚を司る器官があります。

三半規管が正常に働くことで、真っ直ぐに歩くことができたりつまずきそうになってもバランスを取ることができます。

でも、3にある感情表現とは、人間には無い犬ならではの役割と言えます。

では、感情表現について、もう少し深く掘り下げてみることにしましょう。

犬は耳介筋を使って耳を動かしている!

犬が自由に動かせる理由として、耳介筋(じかいきん)という筋肉が発達しているためです。

この耳介筋は顔面神経によって動かしたい方向に自由に動かせるという訳なんです。

顔面神経というと、顔の表情をつくる上で重要な神経として知られています。

そして、犬が耳介筋を使って耳を動かすには、

  • 音源がどこからなのかを探るため
  • 表情をつくるように感情表現するため

というように、2つの意味があったのです。

犬が自由に耳を動かす2つの意味

先ほど、犬は元々立ち耳で、狩りや危険を感知するために都合が良かったとお話しました。

こういった理由から、犬は常に周りの音に敏感である必要があったため、耳介筋を使って耳を動かすことで広範囲の音を聴くことができたのです。

また、犬は全身を使って感情を表現して犬同士でコミュニケーションを取っていたと考えられています。

現に、ボディランゲージ(※1)やカーミングシグナル(※2)などのしぐさや行動で自分の気持ちや感情を伝えることができることが分かってきています。

私たちが表情筋を動かして笑顔になったり怒ったり悲しい表情をするのと同じように、犬も耳を動かして気持ちや感情を表しているのです。

ただ、注意が必要なのは、犬の耳の動き1つだけで犬の気持ちや感情を正確に知ることはできないということです。

犬は自分の気持ちや感情を相手に伝える際、耳や尻尾など全身を使って表現しているからです。

 

※1.ボディランゲージとは、尻尾や耳などの全身を使って自分の感情や気持ちを相手に伝えるしぐさや行動を言います。

※2.カーミングシグナルとは、相手との争いを避けるために行うしぐさや行動のことを言います。「カーミング」は落ち着かせる、「シグナル」は信号という意味があり、自分や相手を落ち着かせるためのサインを表します。

 

犬が耳を自由に動かせる理由や意味が分かったところで、いよいよ本題です!

犬が耳を後ろに倒すときの意味や気持ちは?

ここまで読んでくださったあなたなら、犬が耳を後ろに倒すしぐさにもちゃんとした意味や気持ちがあることがお分かりのはずです。

ただ、先ほどお話したように、耳の動き1つだけでは犬の気持ちを正確に知ることはできません。

つまり、あなたの愛犬が耳を後ろに倒すときに同時に犬の表情や尻尾の動きなどを観察する必要があるということです。

では、いくつか例を挙げてご説明します。

犬が耳を後ろに倒す+〇〇の行動で分かる犬の気持ち

犬の気持ちを正確に知るためには、犬が耳を後ろに倒す意外にも表情や尻尾、体勢などを観察する必要があります。

犬が耳を後ろに倒すときに表現される主な犬の気持ちをご紹介します。

恐怖を感じ身構えている場合

犬が何かに恐怖を感じ、身を守ろうと身構えているときは、

  • 耳を後ろに倒す
  • 鼻の上にシワを寄せる
  • 瞳孔や口角が広がる
  • 尻尾を下げ後ろ足の間に挟み込む
  • 低い体勢をとる
  • 背中の毛を逆立てる

などのしぐさや行動が見られます。

また、歯をむき出しにしている場合は、下手に手を出すと咬まれる恐れもあるので距離を取って犬が落ち着くのを待ちましょう。



敵意がないことを伝えようとしている場合

犬が相手に敵意がないことを伝えようとしているときは、

  • 耳を後ろに倒す
  • 口角が下がる
  • 舌をペロペロさせる
  • 尻尾を下に下げている
  • 低い体勢をとる
  • なだめるような行動をとる

などのしぐさや行動が見られます。

犬は相手が緊張状態にあることを察知し、「大丈夫だから、興奮しないで」と相手をなだめようとしています。

ただ、犬自身も相手の出方を見ていて、不安な気持ちもあるので犬を驚かせる行動は取らないように気をつけましょう。

究極の服従行動をとる場合

犬にとって究極とも言える服従行動を取るときには、

  • 耳を後ろに倒す
  • 相手と視線を合わさない
  • 尻尾を体の方へ折り込む
  • お腹を見せ仰向けになる

などのしぐさや行動が見られます。

犬にとってお腹を見せ仰向けになる行動は、自ら急所を見せる行為で究極の服従行動と言うことができます。

相手に敵意がないことが伝わらなかった場合、お腹を見せて無防備な状態になることで「ボクはこの通り、キミに何もするつもりはないよ」と伝えようとしています。

信頼や友好を表している場合

犬が飼い主に信頼をおいている場合や友好を表すときは、

  • 耳を後ろに倒す
  • 尻尾を左右に大きく振る
  • 口角が上がり笑っているように見える
  • 穏やかな表情を見せる
  • 前足を伸ばしてお尻を上げる体勢をとる

などのしぐさや行動が見られます。

前足を伸ばしてお尻を上げる体勢は、「プレイバウ」と言って相手に「遊ぼうよ」と誘うときに見せる犬の代表的な行動です。

 

このように、「耳を後ろに倒す」というしぐさ1つ取っても、犬の全身のしぐさや行動を同時に観察することでこんなにも意味や犬の気持ちが違うんです。

さいごに

いかがでしたか?本題に入るまでがちょっと長くなってしまいました (;^_^A

でも、犬の耳の役割を理解することでさらに犬が持つ能力や魅力を知ってもらえたのではないかと思います!

ぜひ、あなたも愛犬のしぐさや行動を観察してみてください。

愛犬が今どんな気持ちでいるのか、今どんな音源を探しているのだろうとか考えると、犬目線から面白い発見があるかもしれませんよ♪

グーグルアドセンス

スポンサーリンク

-気持ちや心理

Copyright© satozumu -サトズム- , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.