犬の里親になりたい人を応援するブログ ~犬の引き取り、保健所の登録、飼育方法など丁寧に解説~

satozumu -サトズム-

飼い方

犬に必要な毎日のケアの頻度や心のケアについて考えてみよう

投稿日:

愛犬の毎日のケアは、飼い主として重大な任務の1つです。

でも、日本には飼い主のための学校がないので、我流のやり方でケアをしている人も多いはず。

そんな私もそんな飼い主の一人でした。

だからこそ、愛犬の健康のためにも効率よく行うためにも、ケアについて一度、見直してみたいと思います。

そこで、犬に必要な毎日の体のケアや心のケアについて、ご紹介します。

「私は完ぺきだから大丈夫!」という飼い主さんもいらっしゃると思いますが、復習をかねてチェックしてみてくださいね。

犬に必要なケアの頻度を見直してみよう!

まずは、犬に必要なケアのおさらいです。

恐らく、愛犬のケアには、次のようなものが挙げられると思います。

  • ブラッシング
  • シャンプー・トリミング
  • 耳掃除
  • 爪切り
  • 肉球ケア
  • 肛門腺絞り
  • 涙やけ・よだれやけのケア

1つずつ見ていきましょう!

ブラッシング

ブラッシングは毎日行うケアの1つで、犬の健康を維持する上で重要なケアです。

ブラッシングはお散歩や外出後に行うのが好ましいです。

とくに、ドッグランなど犬が多く集まる場所や草むら、川などで遊んだ後は念入りに行いましょう。

と言うのも、犬が気を付けなければならない寄生虫の1つにマダニがいるためです。

マダニは草むらに多く生息していますが、必ずしも寄生される場所が草むらだけとは限りません。

他の犬の被毛にくっついていて、ドッグランなどで遊んでいる際にマダニが愛犬に飛び移ってくる可能性もあります。

だからこそ、マダニ予防のためにも、お散歩や外出後はブラッシングをしっかり行いましょう。

ブラッシングの頻度は犬種にもよりますが、マダニ予防の観点から考えても、お散歩後の朝晩の1日2回が理想です。

ブラッシングのやり方やコツはこちらの記事をご覧ください。

 

ちなみに、マダニの脅威については、こちらの記事で紹介しています。

毛玉ができやすい犬の場合、こちらの記事も参考にしてみてください。

シャンプー・トリミング

犬のケアとして、シャンプーやトリミングも忘れてはいけませんね。

そうは言っても、毎日行う必要はありません。

短毛種ならシャンプーは月に1~2回もしくは2ヵ月に1回程度でOKです。

被毛が短いので、トリミングはほとんどの場合、必要はないでしょう。

一方、長毛種はシャンプーやトリミングは、月に1~2回程度行うことが理想的です。

表にまとめると、こんな感じです!

被毛の長さ シャンプーの頻度 トリミングの頻度
短毛種 月に1~2回もしくは2ヵ月に1回 特に必要なし
長毛種 月に1~2回 月に1~2回

ただ、長毛種で注意が必要なのは、自宅でシャンプーを行っている場合です。

ペットサロンなどでトリミングに月に1回行っている場合は、自宅でシャンプーするのは月に1回に抑えておきましょう。

人間なら毎日お風呂に入って髪を洗いますが、犬の場合、シャンプーの頻度が多すぎると皮脂を余分に落としてしまうことになります。

皮脂を余分に落としてしまうと、皮膚が乾燥したり、被毛が傷んだり、場合によっては皮膚炎などの原因になることもあります。

なので、月に1~2回程度のシャンプーが理想的なのです。

もしも、月に2回ペットサロンでトリミングを行っている場合は、自宅ではよほど体が汚れた場合を除いて、シャンプーの必要はないということになります。

シャンプーについては、こちらの記事で詳しく説明しているので、ご覧ください。

シャンプー嫌いの愛犬なら、ぜひ、参考にしてみてくださいね!

 

梅雨や夏を前にサマーカットを考えている飼い主さん、ぜひ、こちらの記事も読んでみてください。

 

梅雨時期の愛犬のストレス発散法はこちらから!

耳掃除

犬の耳掃除に関しては、専門家の間で賛否両論あります。

従来から言われているのは、「週に1回は耳掃除をしましょう!」です。

それに対し、一部の専門家からは「耳垢は自然に内から外へ排出されるものだから、基本的には耳掃除は必要ない」という意見があります。

たしかに、人間の耳掃除でもやりすぎは返って、耳を引っ掻きすぎて外耳炎になりやすくなるといった話もよく聞きます。

だとすれば、犬の耳も病気の恐れがなく、健康的な耳垢が少しある程度なら耳掃除は必要ないのかもしれません。

ただ注意したいのは、あくまでも耳の中が健康である場合に限るということです。

耳の病気がある場合や耳の中の環境が悪くてニオイが臭かったり、耳垢の色が悪い場合は定期的な耳掃除が必要です。

その場合は、動物病院で受診した上で必要なケアや治療を獣医さんの指導の下で行いましょう。

自宅で耳掃除を行う場合は、こちらの記事を参考にご覧ください。

爪切り

爪切りも重要なケアの1つです。

爪が伸びすぎる危険性はこちらの記事で詳しく解説しているので、ここでは説明は省きます。

 

屋外で飼っている犬の場合、自然と爪が削れることもあり、爪切りが必要ないケースもあります。

ただ、前足の4本指よりちょっと上にある狼爪は伸び続けているので、定期的にチェックして爪切りをしてあげましょう。

爪切りの頻度としては、月に1回程度で良いでしょう。

ただ、犬種によっては爪が伸びるスピードが早い場合もあるので、伸びるスピードに合わせて爪切りしましょう。

肉球ケア

肉球ケアについても、専門家によっては必要ないという方もいらっしゃいます。

ただ、問題はカサカサに乾燥してしまっている場合や肉球が赤くなっているとき、愛犬がやたらと肉球を舐めたり噛んだりするときです。

こういった場合、肉球にトラブルが起きている可能性があるので、こちらの記事を参考に正しい対処法を行ってあげましょう。

肛門腺絞り

肛門腺絞りは、一般的にシャンプーをする前にやることがほとんどです。

通常なら、ウンチと一緒に肛門腺から分泌物が排出されているものですが、中には排出されずに肛門腺に溜まってしまう場合があります。

肛門腺に分泌物が溜まると悪臭が漂う場合もあるので、定期的に肛門腺絞りをやってあげるようにしましょう。

涙やけ・よだれやけのケア

真っ白な美しい被毛の犬にとって天敵とも言えるのが、涙やけやよだれやけです。

涙やけやよだれやけによって、せっかくのかわいらしい顔の毛も茶色に染まってしまいます。

我が家の愛犬も涙やけやよだれやけに悩まされてきました。

現在は、こちらのドッグフードに替えてから、徐々に改善してきています。

涙やけやよだれやけにはそれぞれ原因があります。

犬によって原因は異なるので、こちらの記事を参考に愛犬の涙やけ、よだれやけの原因は何なのかをチェックしてみてください。

 

こちらの記事では、犬の口内環境や腸内環境に良いとされる乳酸菌サプリの効果を検証してみました!

興味がある人は、ぜひ、ご覧になってみてくださいね。

犬の心のケアについて考えてみよう!

犬のケアと言うと、ついつい体のことばかりに気がいってしまいがちで、心のケアまで気がいかない場合があります。

だからこそ、これを機に愛犬の心のケアについて考えてみましょう!

犬の3つの欲求を満たしてあげていますか?

動物における3つの欲求階層

犬には上の画像のように、生理的欲求、行動欲求、安全欲求の3つの欲求があると考えられています。

具体的には、次の通りです。

  • 生理的欲求
    食べる、飲む、眠る、排泄する、呼吸をするなど
  • 安全欲求
    病気やケガがない、命を狙われない、攻撃されないなど
  • 行動欲求
    遊び、スキンシップ、探索、逃げるものを追うなど

生理的欲求や安全欲求は、私たち人間にも共通する欲求です。

健康を維持できる食べ物が与えられている、喉が渇けばいつでも新鮮な水が飲める、静かに眠れる環境がある、トイレはいつも清潔。

そして、犬にとって身の危険を感じない安心できる環境や場所があること、病気やケガをしたときに適切な処置や治療が行われること。

犬を家族に迎えたときに飼い主としての心構えを真剣に学んだ人からすれば、当たり前のことでしょう。

さらに、犬には人間とは異なる行動欲求というものがあります。

遊びたい、撫でられたり抱っこされたい、気になるニオイを嗅いだり気になる場所を捜索してみたい、動きのあるものを追いたいなどがあげられます。

これらの3つの欲求が満たされてこそ、犬の体や心は満たされるのです。

ストレス発散をしてあげてますか?

3つの欲求が満たされていないと、犬はストレスを溜めてしまいます。

たとえば、お散歩に連れて行ってもらえなかったり、時間や距離が短くて満足いかなかった場合、体力があり余って発散したい欲求に駆られます。

長時間の留守番を強いられている犬が部屋の中で、スリッパを噛んだり、ソファやクッションなどをボロボロにすることがよくあります。

まさに、これがストレスを溜めている証です。

他にも、飼い主とのスキンシップが不足すると、次のようなしぐさや行動を見せることがあります。

  • 悲しそうな表情で飼い主を見つめる
  • 手足を舐め続けたり、噛む
  • しっぽを追いかけ続ける
  • 毛をむしる
  • 室内にあるものを引っ掻いたり噛んだりして破壊する
  • 無駄吠えが多くなる

もしも、このような異常行動が見られた場合、犬は強いストレスを感じている可能性があります。

愛犬とのスキンシップ不足の場合は、一緒に遊んであげたり、撫でたり、話しかけたりして愛犬への愛情を行動で示してあげましょう。

犬は飼い主の表情やしぐさから感情を理解することができます。

「どうせ話しかけたって、意味なんか分からないでしょ」と思わず、やさしい声で接してあげてみてください。

ストレスに関する記事は、こちらからご覧いただけます。

問題行動を放置していませんか?

「犬は問題行動する生き物」だと決めつけていませんか?

たしかに、犬は吠えたり、噛んだり、威嚇したりすることがあります。

でも、これらの行動にはちゃんと原因があり、飼い主さんへの犬からのサインなんです。

犬はしゃべれないし、前足で「止めてよ!」と相手を振り払うことはできません。

その代わり、「近づくな!あっちへ行け!」と吠えて威嚇したり、恐怖や身の危険を感じて相手を噛んだりするのです。

そう、人間にとっては問題行動と思われがちな犬の行動は、犬にとっては自分の身を守るためや意思表示にすぎないということです。

もしも、愛犬の行動で困ることがある場合は、その行動の裏にある愛犬の気持ちや感情を考えてあげてみてください。

犬に必要なしつけについては、こちらの記事を参考にご覧ください。

 

どうしても自宅でのしつけが難しい場合、信頼できる専門家に相談しましょう。

愛犬への接し方は一貫していますか?

愛犬と信頼関係をしっかりと築けていますか?

信頼関係が築けている場合、犬は飼い主の指示に従い、常に飼い主の指示を待っています。

そして、飼い主は犬に対して曖昧な指示を出したり、その時の感情で犬への接し方を変えることはありません。

愛犬との信頼関係と言うと、愛犬がいかに飼い主の言うことに従うか、がフォーカスされがちです。

でも、それだと、愛犬だけが頑張らないといけないですよね。

人間同士だって、相手と信頼関係を築く場合は、まずは自分から相手を信頼する努力が必要です。

愛犬との関係も同じで、飼い主は愛犬のことを信頼し、お互いに努力していくことを理解しておく必要があると私は思っています。

そして、飼い主が犬のことをもっと深く理解してあげる必要があります。

ここでは長くなってしまうので、詳しくはこちらにある記事をご覧ください。

さいごに

いかがでしたか?

犬の心と体の健康のためには、体と心それぞれのケアが必要だということがお分かりいただけたと思います。

愛犬を大切に思うあまり、やりすぎてしまっていたケアはなかったでしょうか?

「愛犬は大丈夫だろう」と、簡単に済ませてしまっていたケアはなかったでしょうか?

ぜひ、愛犬の心と体の健康のためにも、一度ケアについて見直してみてください(*^^*)

グーグルアドセンス

スポンサーリンク

-飼い方

Copyright© satozumu -サトズム- , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.