犬の里親になりたい人を応援するブログ ~犬の引き取り、保健所の登録、飼育方法など丁寧に解説~

satozumu -サトズム-

健康や病気・ストレス

犬もいびきをかく?飼い主が知っておきたい原因と対策とは?

投稿日:2017年2月10日 更新日:

どこからか聞こえるいびき。

でも、部屋にはあなたと
スヤスヤ寝ている愛犬だけ。

よーく耳を澄まして聞いていると、
愛犬のいびきだと判明!

初めて愛犬のいびきを聞いたときって、
とても驚きますよね。

愛犬は夢でも見ているかのように
気持ちよさそうに寝ています。

参考記事:犬も寝るときに夢を見る!足がピクピクする理由を紹介

これが人間なら「疲れてるのね」で終わりますが、
犬の場合はそう簡単ではありません。

犬がいびきをかくのは病気である可能性
あるからです。

だからと言って、
いびきをかく度に動物病院へ
連れて行く訳にもいきませんよね。

そこで、犬がいびきをかいたときに
飼い主が気をつけたいことをご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

犬がいびきをかく原因は?

犬がいびきをかく原因について見ていきましょう。
まずは、いびきをかくメカニズムについてご紹介します。

犬がいびきをかくメカニズムとは?

簡単に言ってしまえば、
何らかの原因によって気道が狭まることで
そこを通る空気が振動して音を鳴らすからです。

つまり、呼吸する際に空気の通り道が
十分に開いていないために起こる現象なんです。

 

では、気道を狭くしていびきを引き起こす
原因とはなんでしょうか?

犬のいびきを引き起こす原因とは?

犬がいびきをかく原因は、次の通りです。

  • 太り気味の犬
  • 短頭種
    ⇒パグやシーズーなどの鼻が低い犬種
  • タバコの煙
  • 投薬
  • 病気

これらの原因によって空気の通り道が狭くなり、
犬はいびきをかきます。

犬のいびきと病気の可能性

犬がこんないびきをしているときは、
注意が必要です。

注意したい犬のいびきとは?

犬のいびきにも正常ないびきと
注意が必要ないびきの2種類があります。

後者の場合、
こんな兆候がないかチェックしてみましょう。

  • 慢性的にいびきをかく
  • 突然いびきをするようになった
  • いびきが大きくなり悪化している
  • いびきと同時に息苦しそう
  • 老犬がいびきをかいている

これらの兆候がある場合、
いびきの原因が病気である可能性があります。

では、次にどんな病気があるのか
確認してみましょう。

スポンサーリンク

こんな病気に注意しよう!

病気が原因で犬がいびきをかいている場合、
呼吸器系の病気の可能性もあります。

具体的にどんな病気の可能性があるのか、
見ていきましょう。

軟口蓋過長症

硬口蓋(上あごの天井部)から鼻腔に向かって伸びる
柔らかな部分を軟口蓋と言います。

この軟口蓋の長さが通常よりも長いことが原因で
呼吸がしづらくなる呼吸器系の病気です。

いびき以外の症状には、
嚥下障害や呼吸困難、チアノーゼなどの症状があります。

パグやシーズー、ブルドッグなど
鼻が短い短頭種がかかりやすい病気の一つです。

気管虚脱

気管虚脱の原因は不明ですが、
遺伝や老化、肥満、首輪の締め付けなどにより
気管が押し潰されたように変形してしまう
考えられています。

そして、呼吸する度にガチョウの鳴き声のような
「ガーガー」という音が起きたり、
いびきをかくようになります。

風邪やアレルギー

風邪やアレルギーが原因で鼻詰まりが起こると、
いびきをかくこともあります。

鼻詰まりによって空気の通り道が狭くなり、
いびきをかきやすくなります。

風邪が治った後やアレルギーの時期を過ぎても
いびきをかく場合は、他の原因を疑いましょう。

犬のいびきがうるさい!そんなときの対策は?

「犬のいびきが気になって寝れない!」

そんな愛犬のいびきをどうにかしたいという
あなたにおすすめな対策をいくつかご紹介します。

ダイエットで太り気味を改善

太り気味の犬ならダイエットをしましょう。

肥満で脂肪が増えたことによって
気管が圧迫されている場合は、
ダイエットをすることで脂肪を減らし
気管の圧迫を軽減することができます。

犬の寝る体勢を変える

短頭種や寝る体勢が悪い場合、
寝ている体勢を変えてあげることで
いびきを軽減することができます。

また、枕やクッションなどを使用して、
気道が広くなる体勢にするのも良い方法です。

犬がいる部屋ではタバコを吸わない

タバコが原因の場合は、
犬がいる部屋ではタバコは吸わないようにしましょう。

また、外出先でもタバコを吸っている人がいる場所は
避けましょう。

アレルゲンを除去する

アレルギーが原因の場合は、
アレルゲン(アレルギーの原因物質)を除去しましょう。

たとえば、お散歩は花粉や車の交通量が少ない時間帯に
行くようにしたり、空気清浄機を設置するなどの工夫を
すると良いですね。

手術を受ける

短頭種など生まれつきいびきをかきやすい犬種の場合、
手術を行っていびきを改善させる方法があります。

ただ、全身麻酔による手術のリスクを理解しておきましょう。

さいごに

微笑ましいはずの愛犬のいびきの原因には、
様々なものがありました。

いびきの中でも注意したい兆候をしっかりと理解し、
愛犬のいびきが注意すべきものなのかを
見極めれるようにしておきましょう。

それでも素人には病気かどうか分からないときもあります。
そんなときは、迷わず動物病院に受診に行きましょう!

たかがいびきでも、
愛犬の命に関わる可能性もあることを覚えておきましょう。

グーグルアドセンス

スポンサーリンク

-健康や病気・ストレス

Copyright© satozumu -サトズム- , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.