犬の里親になりたい人を応援するブログ ~犬の引き取り、保健所の登録、飼育方法など丁寧に解説~

satozumu -サトズム-

飼い方

犬の涙やけのお手入れ方法や手術などの治療法を調べてみた!

投稿日:2017年11月25日 更新日:

愛犬の涙やけに悩んでいませんか?

せっかくの可愛い顔も手入れの行き届いた被毛も涙やけで可愛さが半減してしまいます。

「涙やけしやすい犬種だから、仕方ないか…」と諦めてませんか?

でも、涙やけは必ずしも特定の犬種だけに起こることとは限りません。

目に目周りの毛やゴミが入ったり、食物アレルギーなどのアレルギー症状など遺伝性の疾患とは違う原因でも涙やけは起こります。

そこで、今回は涙やけのお手入れ方法や治療法について調べて分かったことをご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

涙やけの正しいお手入れできていますか?

涙やけ対策として、様々なケア用品が販売されています。

ただ、ほとんどは涙やけした後に茶色っぽく染まった被毛に対して行われるケアばかりです。

そのため、涙やけ後の対策が重要視されがちです。

でも、本当なら涙やけになった後にケアをするのではなく、涙やけする前にケアをしてあげたいものです。

ちなみに、犬はこんな理由で涙を流すことがあるんですよ!

では、涙やけ予防の正しいお手入れ方法とは、どのように行えば良いのでしょう?

涙やけ予防のための正しいお手入れ方法

涙やけ予防のための正しいお手入れ方法は、

  • 目周りのケアを毎日行う
  • 目の健康チェックをする
  • 目周りの被毛を定期的にカットする
  • 高品質のドッグフードに変える
  • 水分摂取を促してあげる

などのように、多方面においてこまめなお手入れをすることが大切です。

では、1つずつ見ていきましょう。

目の健康チェックをする

涙やけのお手入れをするためには、定期的に目の健康チェックをしてあげることが大切です。

たとえば、

  • 涙がどのくらいの頻度で出ているのか?
  • 涙の量が増えたり減ったりしているか?
  • 目にゴミが入ったり傷ついていないか?
  • 逆さまつげなど目周りの被毛が目に入っていないか?
  • まぶたに異常がないか?

など目やまぶたなどに異常がないかどうかをチェックしてあげましょう。

定期的に目の健康チェックをすることで、異変に早く気付くことができます。

異変に早く気付くことができれば、悪化する前に予防と対策を考えることもできます。

異常が見られる場合は、なるべく早く動物病院に受診しましょう。

愛犬の顔回りが臭いと感じたら、もしかすると目ヤニが原因かもしれません…。

目周りのケアを毎日行う

そもそも涙やけは、涙に含まれる成分が被毛に浸み込み、その成分が酸化することで変色します。

ということは、涙の成分が酸化する前に涙を拭き取ってあげれば良いということです。

涙を拭き取ってあげる時には、清潔なコットンや脱脂綿などで優しく拭き取ってあげましょう。

ただ、注意するべきことがあります。

それは、コットンや脱脂綿で拭く際に、薬品などを浸み込ませて拭かないことです。

なぜかと言うと、薬品に含まれる成分が被毛に残ることで変色してしまうことがあるためです。

涙を拭き取るだけなら、コットンや脱脂綿に何も付けずに拭いてあげるだけで十分です。

目周りの被毛を定期的にカットする

逆まつ毛や目周りの被毛が目に入ることで涙やけが引き起こされる場合があります。

また、目周りの被毛が目に入っていない場合でも、長い被毛に涙が浸み込みやすくなります。

定期的に目周りの被毛をカットすることで、目周りの被毛が目を傷つけることを防ぎ、長く伸びた被毛に涙が浸み込むことを防ぐことができるのです。

高品質のドッグフードに変える

「涙やけとドッグフードに何の関係があるの?」と思われた方もいるかもしれませんね。

実は、愛犬の体に合わないドッグフードを与えることで、涙やけが引き起こされることがあります。
たとえば、

  • 人工的な添加物が多く含まれている
  • 栄養価が低い
  • 肉の副産物など粗悪な原材料を使用している
  • 犬の体内で消化されない穀物が多く含まれている
  • 消化吸収率が低く、必要な栄養素が体内で吸収されない

などがあげられます。

これらの低品質のドッグフードは、涙やけを引き起こす原因となります。

こちらの記事を参考にして、愛犬に与えているドッグフードが愛犬の体にとって良いものなのかチェックしてみましょう!

もしも、良いものでなかったのなら、より品質の高いドッグフードに切り替えるようにしましょう。

また、愛犬のウンチの状態からドッグフードが合っているかどうかの判断材料の1つにすることができます。

こちらの記事も参考までに。

スポンサーリンク

水分摂取を促してあげる

涙やけする犬の中には、水分を十分に摂らないことが原因で涙やけする場合があります。

涙から連想されるイメージは、ピュアなものをイメージする方が多いかと思います。

でも、実際には涙には体内で不要な老廃物が含まれていることがあります。

それは、なぜか?その理由は、水分を十分に摂取していないことにあります。

水分を十分に摂取していないと、体内で水分不足となり、体内の老廃物を排出するオシッコが作られなくなります。

そうなると、これらの老廃物は、涙に溶け込む形で排出されます。

場合によっては、老廃物が涙が流れる涙管を詰まらせ、涙が目に溢れ出てしまうのです。

だからこそ、水分をしっかりと愛犬に摂らせることが大切なんです。

こまめなお手入れと定期的なチェックが大切!

このように、こまめなお手入れと定期的な目の健康チェック、ドッグフードの質や水分摂取量のチェックをすることが涙やけのお手入れには重要なんです。

「なーんだ。意外と当たり前のことしか言ってないよねー」とあなたは思ったかもしれません。

でも、その当たり前のことこそが愛犬の健康を守っていく上で大切なことなのです!

では、ちょっと考えてみてください。

愛犬にオスワリを教えるために、一発で覚えさせるような魔法の方法はあったでしょうか?

愛犬は自分の名前を一度聞いただけで覚えたでしょうか?

爪切りや歯磨きをするのに、最初から嫌がることなく大人しくしてくれましたか?

乳酸菌サプリが愛犬の歯磨きに良いって知ってました??

あなたはきっと、オスワリや爪切り、歯磨きのしつけを毎日、地道にコツコツ愛犬に教えてきたはずです。

一所懸命考えた愛犬の名前を愛犬自身に覚えてもらうために、あなたは毎日笑顔と優しい声で愛犬の名前を呼び続け、優しく撫でてあげたはずです。

このように、犬を飼うということは当たり前のような地味なことを毎日地道にコツコツやることなのです。

愛犬の健康のためのケアも同じです。

コツコツ当たり前のことをすることで、愛犬の健康を守ることができるのです。

では、次に涙やけの治療について、ご紹介したいと思います。

涙やけに治療法はあるの?

涙やけでも根本的な治療が必要な場合があります。

それは、次のような場合です。

  • 細菌感染や皮膚炎がある
  • 逆まつ毛で目が傷ついている
  • 鼻涙管の閉塞
  • 目に溢れた涙が鼻に抜けるための穴が生まれつきない
  • 眼瞼内反(瞼が内側に巻かれている状態)

などがあげられます。

これらが原因で涙やけになっている場合、根本的な治療をすることで涙やけを改善することが可能です。

では、涙やけの治療法にはどんなものがあるのかご紹介します。

涙やけの治療法は?

涙やけの治療法には、次の方法があると言われています。

  • 抗生剤を投与する
  • 鼻涙管を洗浄する
  • 外科手術を行う

では、1つずつ見ていきましょう。

抗生剤を投与する

涙やけの原因が細菌感染や皮膚炎などである場合、抗生剤の投与による治療が行われることがあります。

涙やけの状態や飼い主さんの治療法の選択によっても異なりますが、動物病院では抗生剤の投与による治療法が行われます。

細菌感染や皮膚炎予防として、定期的にブラッシングをしてあげることも大切です。

鼻涙管を洗浄する

何らかの原因で鼻涙管が詰まっている場合、鼻涙管に生理食塩水を流し込んで、鼻涙管を洗浄する治療が行われます。

ただし、犬が暴れて目を傷つけてしまう恐れがあるため、麻酔が必須となります。

外科手術を行う

何らかの原因で鼻涙管が詰まっていたり、眼瞼内反やまつ毛の生え方の異常、無孔涙点などの原因により、目を傷つけてしまう場合は外科手術によって治療が行われます。

涙やけの原因が何かによっても、治療法が異なります。

かかりつけの獣医師に相談して、愛犬にとって最善の治療法を探してあげましょう!

涙やけ後のお手入れ方法にはホウ酸水がおすすめ!

涙やけができてしまった後は、どのようにお手入れすれば良いのでしょう?

実は、ホウ酸水が涙やけに効果があると言われています。

ホウ酸水作りに必要なものは、

  • 精製水
  • ホウ酸
  • 耐熱容器
  • 作ったホウ酸水を入れる容器
    ※熱に強い素材のもの

の4つだけでOKです。精製水やホウ酸はドラッグストアや薬局で購入することができます。

では、ホウ酸水を作る手順をご紹介します。

  1. ホウ酸水を入れるための容器を煮沸消毒し、冷ましておく
  2. 精製水150mlを耐熱容器に入れ、電子レンジで60℃程度に温める
  3. 1の容器に2の精製水とホウ酸3gを入れて混ぜて溶かせば完成
    ※ホウ酸水の濃度は精製水の2%以下が適量になります

ホウ酸水を使用する際は、冷めてからコットンや脱脂綿に湿らせて愛犬の目周りを優しく拭いてあげましょう。

ホウ酸水の使用期限は、作った日から2週間以内を目安とし、冷蔵庫で保管するようにしましょう。

愛犬の涙やけケアに、一度試してみてくださいね!

さいごに

涙やけの原因を探ってみると、思わぬ原因が見つかることもあります。

涙やけを根本的に治療したい場合は、信頼できる獣医師に相談してから、治療法を決めるようにしましょう。

根本的な治療が必要ではない場合、自宅で正しいお手入れをしたり、原因となるものを取り除いてあげてください。

まずは、愛犬の涙やけの原因を見極め、愛犬の健康のためにできることを試してあげることが大切です。

グーグルアドセンス

スポンサーリンク

-飼い方

Copyright© satozumu -サトズム- , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.