犬の里親になりたい人を応援するブログ ~犬の引き取り、保健所の登録、飼育方法など丁寧に解説~

satozumu -サトズム-

コラム

愛犬が酷暑を乗り切るために飼い主ができること。

投稿日:

人の体温を超える気温が観測されており、人も犬も毎日暑さを凌ぐのに一苦労です。

エアコンがある家庭であれば、一日中エアコンをかけっぱなしの毎日。

エアコンが故障していたり、エアコンの風が苦手で扇風機や保冷剤などで暑さを乗り切ろうとしている人も少なくないかもしれませんね。

ただ、過去に例を見ないまでの異常気象ですから、どうかご自身や愛犬が熱中症にならないよう、対策をとっておきましょうね!

さて、突然ですが、朝や夕方の散歩では愛犬の熱中症対策はしっかりされていますか?

というのも、気温や湿度が高い日のお散歩は、愛犬の体調不良を引き起こす原因になりかねないからです。

そこで今回は、我が家の愛犬の熱中症対策と題し、あなたの愛犬の熱中症対策のヒントとなればと思い、執筆しております。

ではさっそく、我が家の愛犬の熱中症対策の数々をご紹介します!

我が家の愛犬の熱中症対策

我が家では愛犬の熱中症対策として、次のことに注意しています。

  • 水分補給
  • 散歩に行く時間帯
  • 散歩中の小休憩
  • アスファルトや地面の熱さ
  • 室内の温度、湿度

では、1つずつ解説していきます。

水分補給

熱中症対策として水分補給をすることは、とても大切です。

それは、屋外にいても、室内にいても同様のことがいえます。

とくに、元々水分を摂取する頻度が少ない犬の場合、脱水症状を引き起こす可能性もあるので、十分に注意する必要があります。

屋外に出かける場合は、必ず水や犬用のスポーツドリンクなどを用意しておきましょう。

室内では、常に新鮮な水が飲めるように定期的に水を交換してあげましょう。

もしも、愛犬が1日にどの程度水分摂取しているのかを知りたい場合は、水を入れたペットボトルから水入れに水を注ぐようにして、1日にどのくらい水が減ったかを確認すると良いでしょう。

愛犬に水を与える場合の注意点として、ミネラルウォーターやきんきんに冷えた水は愛犬の体調不良を引き起こしかねないので与えるのは控えておきましょう。

ミネラルウォーターやきんきんに冷えた水を与えない方が良い理由は、こちらの記事で解説しています。

散歩に行く時間帯

あなたは、散歩に行く時間帯は季節によって変えていますか?

我が家では、夏や気温・湿度が高い日はとくに散歩に行く時間帯に注意を払っています。

今の時期だと、朝の散歩は6時前後(時期によっては5時頃)、夕方の散歩は19時前です。

一方、冬や気温が低い日は、朝の散歩は夏よりも遅く、夕方の散歩は夏よりも早い時間帯にしています。

もちろん、飼い主さんのお仕事や家事との兼ね合いもあるでしょうから、「この時間帯しかムリ!」という場合もあるかもしれません。

そこで提案ですが、例えば、散歩の時間を早めることで5分、10分短くなってしまうのなら、散歩以外で室内遊びやちょっとした運動をする時間を別にとってあげてはいかがでしょうか?

また、夏や気温、湿度が高い日だけ、他の家族に協力を仰ぐというのも1つの手です。

散歩に行く時間帯の目安にしたい環境省の「暑さ指数(WBGT)の実況と予測」について、こちらの記事で解説しています。

散歩中の小休憩

我が家では、散歩中に必ず小休憩をとるようにしています。

今の時期であれば、住宅街の日陰が多い場所を散歩コースにして、愛犬の息が荒くなってきたり、進んだ距離で小休憩をとっています。

日陰で息が少し落ち着くのを待ったり、水分補給やおやつ(※1)を少し与えたりします。

ただ、我が家の愛犬は、散歩中は水をほとんど飲まないので、100円ショップで購入したスプレーボトルに水を入れて、小休憩の際に顔回りや全身に吹きかけてあげています。

心なしか、スプレー後は足取りも軽くなっているようです(^^♪

散歩中でも水を飲む犬なら、日陰で水分補給をさせてあげましょう。

※1.直径2㎝程の大きさのジャーキーを4つに割って1切れずつ与えています。エネルギー補給や塩分補給の意味で、少しだけ与えています。おやつを与える場合は、1日に与えるカロリーの1割程度に抑えるようにしましょう。

アスファルトや地面の熱さ

気温が高い日に注意しておきたいことは、アスファルトや地面の熱さです。

とくに、夕方の散歩は要注意です!

夕方になり、気温が下がってきても、アスファルトや地面の表面温度は熱い場合があります。

気温が30℃程度でも、日中の道路の路面温度は60℃にも達する場合があると言われており、それを知らずに散歩に行くと、愛犬の肉球は火傷を起こしてしまいます。

例え、路面温度がそんなに熱くなかったとしても、長時間歩き続けることで低温火傷を起こしてしまう場合もあります。

もしも、愛犬が散歩中や散歩後に足を頻繁に舐めたり、肉球が削れて薄くなっていたり、歩き方がおかしい場合は火傷の可能性もあるので十分に注意してあげてください。

ちなみに、我が家では散歩中にアスファルトや地面を素手で触ってみて、熱くないかどうかのチェックをしています。

これまで、「アスファルトや地面の熱さを気にしたことがなかった」という人は、ぜひ、今日からアスファルトや地面の熱さチェックをしてから、散歩に出かけてみてはいかがでしょうか?

肉球のトラブルについては、こちらの記事で解説しています。

室内の温度、湿度

熱中症は必ずしも屋外でだけ起こる訳ではなく、屋内つまり部屋の中にいるときにも条件次第で熱中症にかかる場合があります。

犬にとって最適温度は26℃前後で、湿度は50~60%程度といわれています。

ということは、この時期はエアコンが必須だということが分かります。

我が家では、エアコンの設定温度は26℃もしくは25℃を目安にしています。

もちろん、エアコンのパフォーマンス力や住宅が鉄筋なのか、木造なのか、部屋は広いのか、狭いのかなどでも体感温度や室温は変わってくるので、一番確かなのは愛犬の様子を観察することです。

ハァハァと荒い呼吸をしていれば、暑がっていることが分かります。

頻繁に水を飲んでいれば、暑いもしくは、室内が乾燥しているということが分かります。

犬は被毛という毛皮を着ているため、人間よりも体感温度が高めなので、飼い主さんが丁度良いと思う室温よりも「少し寒いな。ヒンヤリするなぁ」と思うくらいが犬にとっては丁度良いのだと覚えておきましょう。

今の時期だからこそ読んでおきたい記事一覧

  • 「夏だから、サマーカットにしよう!」は、ちょっと待ってください!まずは、こちらの記事をご覧ください。

 

  • 気温の高い日、湿度の高い日のドライブ前におすすめです。

 

  • これからの台風シーズンや雷シーズンに備えておきたい人におすすめです。

 

  • 「愛犬が発熱したときに何をすればいいんだろう?」という人におすすめです。

あなたの愛犬の熱中症対策やおすすめアイデアを教えてください!

いかがでしたでしょうか?

我が家の愛犬の熱中症対策をご紹介してきました。

きっと、あなたのご家庭でも様々な対策やアイデアがあるかと思います。

「こんな対策やアイデアがあるよ!」という方は、ぜひ、サトズムを通して飼い主の皆さんにシェアしていただければ嬉しいです(*^^*)

熱中症対策やアイデア、記事の感想などは、下のコメント欄よりお送りください。

グーグルアドセンス

スポンサーリンク

-コラム

Copyright© satozumu -サトズム- , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.