犬の里親になりたい人を応援するブログ ~犬の引き取り、保健所の登録、飼育方法など丁寧に解説~

satozumu -サトズム-

プロフィール

こんにちは!ソラです。

在宅でライティングのお仕事をしながら、
元保護犬の愛犬とまったりした生活を送っています。

このブログを通して、
犬の里親になりたいけど不安や悩みがある人、
勇気がなくて一歩を踏み出せない人の手助けや
一歩を踏み出すきっかけになれたらいいなと思っています。

なぜ、そのように思うようになったかというと…

実はこのブログを始めた理由は、
実家で飼っていた愛犬の死がきっかけでした…。

今は亡き愛犬との出会い

その当時飼っていた愛犬は、
シェットランドシープドッグ(愛称シェルティー)のメスでした。

それまでインコや金魚しか生き物の飼育経験は無かったのですが、
父の「犬を飼うぞ」の発言から突然、犬を飼うことになりました。

父は私に数百ページにも及ぶ犬のカタログを手渡して、
「どの犬にするか選びなさい」と言われ、
私は自分が犬種を選べる権利を得て、気合満々でカタログを最初から見ていきました。

そして、あるページの犬種がとても気になったんです。

そう、それがシェルティーでした。

首の周りには真っ白なふわふわの飾り毛があって、
どこか気品がある美しい犬種でした。

子供心に私は一目でシェルティーを気に入ってしまったのです。

今となっては「もっと慎重に選ぼうよ!私!」と思いましたが(笑)
まぁ、10代だったので、そこはお許しください (;^_^A

 

そして、以前からインコのエサを飼うのにお世話になっていた
ペット用品店の仲介でシェルティ―のブリーダーさんと
会うことになったんです。

数日後、自宅に連絡が入り紹介してもらった
ブリーダーさんが県外だったのとこちらの都合もあり、
子犬を直接見に行くことが難しかったため、
高速のインターチェンジ近くで会うことになりました。

そして、その数日後にブリーダーさんの車にいる
2匹のメスの子犬と出会うことになったんです。

会う日を決める際に、
事前にメスを飼うことを父と母はブリーダーさんに
伝えていたのです。

ケージに近づくと、1匹は私の方へ飛び跳ねてきて、
『出して、出して!』と言わんばかりにケージ内で
愛らしい表情を見せてくれました。

もう1匹はと言うと、
飛び跳ねている子犬と反対でケージの奥の方で丸くなり、
怯えた目をして私の方を見ていました。

さて、あなたは私がどちらの子犬を選んだと思いますか?

一般的には、明るくて活発な性格の子犬を選ぶ方が良いと
言われています。

でも、私はケージの奥の方で
丸くなっていた子犬を選んだんです。

それは、なぜか?

理由は単純明快。
「このコは私が育ててあげないと!」
完全に母性本能をくすぐられ、ノックアウトでした!

そう、よくあるパターンですよね。

今でも、その当時の自分の気持ちを
はっきり覚えているんですが、
人懐こくて活発な子犬なら誰にもらわれても
幸せになれると根拠の無い確信をしていました。

だから、「怖がりで大人しいこの子犬は、
私が引き取ろう」と思ったんです。

また、怯えた目をしていた子犬に
人見知りで引っ込み思案な自分を
重ね合わせていたのかもしれません。

これが今は亡き愛犬との出会いです。

 

そして月日は流れ、
私たち家族に悲しい別れの日がついに訪れたのです。

愛犬との最後の時間、そして別れ

愛犬が我が家に来たばかりの頃は、
私の両手にすっぽりと収まるほどの
小さな体でした。

自宅に帰る車内では、
愛犬がクゥーンと悲しそうに鳴いていたので、
眉間の辺りを自宅に着くまでずっと優しく撫でていました。

 

そんなちょっと前まで小さかった愛犬が
年を取り体は徐々に衰えていき、
ひとりで歩くこともひとりで立つことさえも
ままならない状態になっていきました。

そんな状態が1ヶ月ほど続いたのです。
私と母は交代で、寝ずの番をするようになりました。

詳しくはこちらの記事で書いています。

ペットロスを未然に防ぐ方法とペットロスになった人にかける言葉

日によって体調が良いときは、
ひとりで歩いてトイレシートで、
オシッコをするときの姿勢を取ることもありました。

そのときは常にオムツをしていたので、
トイレシートでオシッコをする必要はなかったのですが、
愛犬にとっては元気だった頃のように
トイレシートでしたかったのかもしれません。

元気になったかと思うと、
また歩けなくなって寝たきりになり、
その後はずっと寝たきり状態が続いていました。

そして、ある日愛犬が元気だった頃のように
軽快なステップで室内を歩いたんです。

私と母は泣いて喜びました。
このまま、また元気になるかもしれないと
私は淡い期待を持つようになっていました。

その翌日、愛犬は私と母、妹に見送られる中、
息を引き取り虹の橋へと旅立って行ったんです。

亡くなる前日に見せた元気な姿は、
きっと愛犬が私たちに元気な姿でお別れを
言いたかったのではないかと思っています。

今頃、虹の橋で他の犬たちと
楽しく遊んでいるのではと信じています。

「二度と犬なんて飼わない!」から保護犬の里親へ

愛犬の死を経験した私は、「二度と犬は飼うまい!」と
固く決意していました。

でも、1年、2年、3年と時が経つにつれて、
やはり大好きな犬と関わって生きていきたい
強く思うようになったんです。

そんなとき、殺処分される犬の存在
初めて知ることになるのです。

恥ずかしながら、
犬を飼っていた頃は殺処分されている犬がいたことすら、
全く知りませんでした。

殺処分については、こちらの記事をご覧ください。

悲しい現実!犬の殺処分がゼロにならないのは誰が悪いの?

その頃からでしょうか、
「保護犬を引き取りたい」
「飼い主に捨てられ傷ついた犬を癒してあげたい」
日に日にそんな気持ちが強くなっていったんです。

でも、私一人では犬を飼っていけるだけの
環境も経済力もありませんでした。

私にできること

保護犬のためにできることを私なりに考えていたことを
こちらの記事にまとめてみました。

【寄付やボランティア】引き取り以外で保護犬を助ける方法

それからと言うもの、里親になること以外に
保護犬たちを救う手助けができないかと
摸索する日々が続きました。

そして、文章を書くことが元々好きだった私が
ようやくやりたいことを見つけたんです。

それが今のライティングのお仕事だったり、
このブログの運営でした。

でも、その後、偶然か必然か、
運命の出会いを果たすことになるのです。

保護犬だった愛犬との出会い

私が現在の愛犬と出会ったのは、
2016年の秋のことでした。

先代の愛犬が亡くなってから、
4年の月日が経った頃です。

愛犬との出会いは、
偶然とも必然とも思える
出来事のようだったと
今はそう感じています。

「犬を飼いたい!」と言い出したのが
私自身ではなく母だったこと。

里親募集のサイトで、
ことごとく出会いが無かったこと。

とりあえず、動物指導センターに
里親登録したこと。

そして、動物指導センターから
希望条件に近い保護犬がいるとの
連絡が入ったこと。

その保護犬に会いに行ったこと。

いくつもの偶然とその時の選択によって、
愛すべき新しい家族に出会うことが
できました。

我が家の愛犬は、恐らくのところ
シーズーのミックス犬です。

恐らく?というのは、
犬種が確かではないためです。

なぜなら、放浪していた時に
保護された保護犬だったのです。

愛犬との出会うまでの経緯は、
こちらの記事をご覧ください。

保護犬の里親になるための心構えや手続き・登録について解説

保護されて動物指導センターで
飼育されていた頃は、
げっそりとやせ細っており、
そっと触れるだけでも骨の輪郭が
分かるほどでした。

それなのに、初めて会う私と母に
大きくしっぽを振り、
目を大きく輝かせて出迎えてくれました。

どんな理由からやせ細るまでいたのか、
前の飼い主にどんなことをされていたのか、
しっかりと愛されていたのか…。

私には「わたし、こんなに明るくて
良いコだよ!」と、言葉の代わりに
体全体で一生懸命表現しているようでした。

今思い返しても、
その健気な姿に目が潤みます。

 

でも、実は動物指導センターから
里親登録時の希望条件に近い
保護犬がいると連絡をもらった時、
正直なところ興味が持てませんでした。

こんなに「里親になりたい!」と
思っていても、心の中では
見た目が可愛い犬に出会うことを
期待していたからです。

元々、シーズーに対して
可愛いという感情が持てませんでした。

シーズー好きな方、
シーズーのワンちゃんたち
ごめんなさい(;゚Д゚)

でも、今はそうは思いません。

むしろ、愛犬を引き取る前と比べて、
本当の意味で犬全般を好きになれた
感じています。

愛犬が私をそう変えてくれたのだと
思います。

愛犬について多くを語らないワケとは?

サトズムで愛犬の詳しいことは、
あまりお話していません。

なぜなら、あなたにはあなたの
愛犬がいたり、興味のある犬が
いるからです。

私が愛犬のことを中心に
記事を書いてしまうと、
愛犬色の濃い自慢ブログに
なってしまいます。

サトズムを読んでくださっている
あなたには、自分のことや
愛犬のことに置き換えて
いろいろと考えて欲しいのです。

なので、あえて愛犬の詳しい情報は
開示してきませんでした。

私の経験上、トイプー中心のブログには
トイプー飼い主しか集まりません。

小型犬中心のブログには、
大型犬の飼い主は興味も持ちません。

サトズムでは、なるべく多くの方に
読んでもらいたいと思うため、
なるべく入り口を広くしておきたい
思っています。

ただ、中には愛犬の情報の少なさに
「本当に犬飼っているの?」と疑問を
感じている方もいるかもしれません。

そこで、少しだけ我が家の
愛犬のことをここでだけ、
ご紹介しようと思います。

我が家の愛犬の特徴

我が家の愛犬の基本情報を
ちょっとだけご紹介します。

  • 生まれた場所
    生まれは不明です。
    しばらく放浪していたところを
    保護されたので。
  • 生まれた日
    生まれた日も不明です。
    我が家に初めて来た日を
    誕生日にしました。
  • 年齢
    推定ですが6歳です。
    (2018年1月現在)
  • 性別
    女の子です。
    (保護時に避妊手術済み)
  • 体重
    小太り気味の5.4kgです。
    (2018年1月現在)
    獣医さんからは5kg程度を
    維持しましょうと言われています。
  • 好きなこと
    食べることとお散歩、
    草むらに鼻を突っ込むこと、
    車でのドライブが大好きです。
  • 嫌いなこと
    ひとりぼっちになることと
    前足の肉球回りの毛のカットと
    爪切り、注射です。
    ひとりぼっちにしないよう、
    いつもどこにでも一緒です。
  • チャームポイント
    スヌーピーみたいに黒い耳、
    唇に隠れ切らないしゃくれた
    下あごとすきっ歯です。
  • 出かけたことがある場所
    動物病院、ペットサロン、
    ドッグラン、ペットグッズのお店、
    犬OKのホームセンター、
    犬OKのテーマパークに行きました。
  • 健康上の心配事
    後の右足の股関節が外れたまま
    正常な位置より前の位置に
    くっついてしまっていること
    (獣医さんは子犬の頃からだと推測)
  • 最近した仮装
    手作りの簡易的な
    ハロウィンやサンタの仮装を
    させてみました。意外と嫌がりません。
  • 愛用の品
    詳しくは、こちらをご覧ください。

ちょっとだけと言いながら、
気分良くなってしまったせいか
いろいろご紹介しちゃいましたね(;^ω^)

さいごに一言二言…

このブログを読んでくださった方が、
私と同じように情報発信してくれる人が
一人でも増えてくれればうれしく思います。

ぜひ、興味のある方は、
目を通していただけるとありがたいです<(_ _)>

里親について

不定期ではありますが
私自身の経験を織り交ぜながら
皆さんにお伝えしていきたいと思っています。

もしも、ご意見やこんなテーマを取り上げて欲しいなど
ありましたら、こちらからお問い合わせください♪

お問い合わせ

どんな内容の記事があるかを確認するには、
こちらから確認できます。

サイトマップ

最新記事はこちらから確認できます。

サトズム ~トップ画面~

投稿日:2017年4月29日 更新日:

Copyright© satozumu -サトズム- , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.