サイトのデザインを変更しました! 記事内のデザインも随時変更中!

病院に連れて行くべき?犬が下痢をする原因や治療法

病院に連れて行くべき?犬が下痢をする原因や治療法

愛犬が下痢をしたとき、あなたならどうしますか?

すぐに動物病院に連れて行くべきでしょうか?
それとも、しばらく様子を見ますか?

どちらも正解です。

と言うのも、愛犬がどんな下痢をするかによって対応の仕方が変わるからです。

緊急性のある下痢なら、すぐに動物病院に連れて行くべきです。

比較的軽い下痢症状なら、しばらく様子を見るべきなのです。

でも、どうやって緊急性があるのか、様子を見る必要があるのかを判断すればいいのでしょうか?

そこで今回は、犬が下痢をする原因や治療法をご紹介します。

また、愛犬が下痢をしたときに飼い主はどう対応すれば良いのかをお話していきたいと思います。

Advertisement

そもそも下痢とは?

意外かもしれませんが、下痢は犬によく見られる症状の一つと言われています。

何らかの原因によって、一時的に下痢が起こることがほとんどです。

でも、中には放っておくと命の危険がある下痢もあります。

犬のウンチには種類がある!

犬のウンチにはいくつかの種類に分けられます。

  • 通常便
  • 硬すぎる便
  • 軟便
  • 下痢便(水溶便)
  • 細く平たい便
  • 血便
  • タール便

などがあります。

では、1つずつ確認していきましょう。

通常便

健康的な犬のウンチは、

  • 紙などでつまんでも崩れない硬さ
    ※すぐに拾い上げることができる
  • 濃い目の黄土色をしている
    ※食べる物によって色は異なる場合があります
  • 血液や粘液、異物などが付いていない
  • 未消化の食べ物が混ざっていない
  • ウンチ以外の異臭がしない

などが挙げられます。

愛犬のウンチをいつも観察していると、ちょっとした変化にも気づくことができます。

硬すぎる便

通常便よりも硬くコロコロしているウンチで、次のような原因が考えられます。

  • 食事量が少ない
  • 運動不足
  • 便秘気味である
  • ドッグフードが合わない
  • 消化器系の病気の可能性

などがあります。

食事や運動量、体調の変化がないか観察しましょう。

軟便

軟便は字のごとく通常便より水分が多く、軟らかいウンチを言います。

軟便になる原因として、

  • 水分を摂りすぎる
  • ドッグフードが合わない
  • 感染症の可能性

などがあります。

感染症の場合、軟便から下痢便へと悪化する可能性もあるので、十分注意しましょう。

下痢便(水様便)

下痢便は軟便よりも水分が多く、形のないウンチを言います。

べチャっとしたウンチや水のようなウンチは、下痢便だと判断することができます。

下痢便の原因については、後ほどご紹介します。

細く平たい便

通常便の場合肛門の大きさとほぼ同じ太さや断面が円のような形になります。

でも、細く平たい便の場合は肛門の大きさより細く、断面が平べったい形になるウンチを言います。

原因としては、

  • 消化器系の腫瘍の可能性
  • 前立腺肥大の可能性(オス犬)

などによって腸でウンチが押し潰される形で結果細くて平たい形で出てくるのです。

血便

血液が混じっているウンチを言います。

この場合、血液の色がどんな色かによって体内のどの辺りで出血しているか目星を付けることが可能です。

たとえば、

  • ウンチの外側に真っ赤な鮮血
    肛門や大腸後半(結腸・直腸)に
    炎症や腫瘍など
  • ウンチに真っ赤な鮮血が混ざる
    小腸や大腸前半に炎症や腫瘍など
  • ウンチが黒っぽい
    タール便で説明します

があります。

タール便

タール便は血便の一つではありますが、ウンチ全体が黒っぽい色をしています。

鮮血が付いていたり混ざっている血便との違いは、胃や小腸など比較的早い段階の臓器で出血している点です。

タール便は、ウンチとして体外に排出されるまでに血液が酸化するため、ウンチ全体が黒っぽい色になるのです。

原因としては、

  • 胃潰瘍の可能性
  • 胃がんの可能性

などがあります。

愛犬のウンチに血液が混ざっていたり、タール便の場合は、動物病院に受診しましょう。

緊急性のある下痢と軽症な下痢の違い

犬がする下痢には大きく分けて2つの種類があり、

  • 緊急性のある下痢
  • 比較的軽症な下痢

に分けられます。

では、具体的にどんな下痢なのかをそれぞれの特徴を見ていきましょう。

緊急性のある下痢とは?

緊急性のある下痢かどうかを見極めるためには、下痢の状態や下痢以外に見られる症状を合わせて観察する必要があります。

たとえば、

  • 1日に何度も下痢をする
  • 2日以上下痢が続いている
  • 血便が見られる
  • 食欲がなくグッタリしている
  • 嘔吐している
  • 体重減少が見られる

があり、これらの症状が見られるときは、緊急性のある下痢の可能性があるので、動物病院に連れて行くようにしましょう。

Advertisement

比較的軽症な下痢とは?

しばらく様子を見ておいても大丈夫な下痢は、一時的な下痢だったり下痢をしても元気な場合です。

下痢をしても食欲があり、ケロッとしていて元気な場合は緊急性はありませんが、しばらく様子を見ることをおすすめします。

では次は、下痢の原因について見ていきましょう。

犬が下痢をする原因や治療法について

犬が下痢をする原因には、様々なものがあります。

たとえば、

  • ドッグフードや間食を食べ過ぎた
  • 初めて口にするものを食べた
  • 拾い食いをした
  • 異物を誤飲した
  • お腹が冷えた
  • 胃腸に異変が起きた
  • 食中毒や感染症にかかった(細菌・ウイルス・寄生虫など)
  • 中毒(毒性のある成分など)
  • 消化器系の器官に腫瘍ができた
  • ストレス

などがあります。

参考記事:犬もストレスになる!?しぐさや行動で気をつけることとは?

食べ過ぎたり、お腹を冷やしたり、病気やストレスなど犬も人間と同じような原因で下痢を起こすことが分かりますね。

愛犬が下痢をした原因を探るときは、愛犬が食べたものや環境を見直してみましょう。

病気の可能性がある場合は、なるべく早く動物病院に受診しましょう。

下痢の治療法は?

下痢の原因に様々なものがあることからも分かる通り、下痢の治療法は下痢を引き起こしている原因を突き止め、その原因に合った治療を行うことが大切です。

たとえば、

  • 異物を誤飲した→異物を除去
  • 食中毒や感染症→原因となる細菌やウイルス、寄生虫に対する抗生物質などの投与
  • 腫瘍→腫瘍を除去する外科手術や抗がん剤投与、放射線治療など腫瘍に対する治療

などです。

獣医師が下痢の原因を突き止め、治療法を決定します。

ただ、下痢の原因を突き止めるためには、飼い主であるあなたからの問診が重要な鍵になります。

では、愛犬が下痢をしたときに飼い主はどう対応すればいいのかについて、ご紹介したいと思います。

愛犬が下痢をした際の飼い主が取るべき対応とは?

いざ、愛犬が下痢をすると、何をどうすればいいのかパニックに陥り、分からなくなることがあります。

では、そんなときどう対応すれば良いのでしょうか?

愛犬の下痢が緊急性があると疑われる場合

愛犬の下痢が先程ご紹介したように、緊急性があると疑われる場合は、動物病院に受診し適切な治療を受けましょう。

また、下痢が続くと体内の水分が失われ脱水症状を起こす恐れもあるので、水分が取れる場合は水分を摂らせるようにしましょう。

脱水症状が起こっているかどうかを見極めるには、

  • 首の後ろの皮膚を指でつまみ上げて放し、首の皮膚の戻り具合を観察する
  • 歯茎を指の腹で白くなるまで押して放し、歯茎の色の戻り具合を観察する

などの方法があります。

脱水症状を起こしている場合、脱水により皮膚の弾力性が失われていきます。

通常なら指でつまんだ皮膚を放すとすぐに皮膚が元に戻りますが、脱水を起こしていると戻りが悪くなります。

また、歯茎には毛細血管が通っていて、押さえている指を放すと通常ならすぐにピンク色に戻ります。

一方、脱水を起こすと血の巡りが悪くなり、ピンク色に戻るのが遅くなります。

これらの方法を試して脱水症状だと分かった場合は、水よりもペット用のスポーツドリンク(経口補水液)を与えるようにしましょう。

スポーツドリンクには下痢によって失われた水分を補う役割があり、犬の体に必要な塩分やブドウ糖などが適度に含まれています。

ペット用のスポーツドリンクが無い場合は、人間用のスポーツドリンクを3倍に薄めたものでも対応可能です。

愛犬が水分を摂れないなら、無理に与えようとせず動物病院に連れて行きましょう。

愛犬の下痢が一時的なものだった場合

愛犬が下痢をしても食欲があり、元気があるのならしばらく様子を見ます。

このとき注意することは、

  • 水分をこまめに摂らせる
  • 半日もしくは1日絶食をして、胃腸を休ませる
  • 絶食後はドッグフードをふやかしたり、消化の良い物や整腸作用がある物を与える
  • ドッグフードを変えて下痢をした場合、元のドッグフードに戻す
  • 人間の薬などむやみやたらに薬を飲ませない

などがあります。

ちなみに、整腸作用があるものとして、乳酸菌サプリが今話題を集めています。

参考記事:犬の歯磨きに乳酸菌サプリが良い理由を徹底解剖

さいごに

今回は犬の下痢の原因や治療法、対応の仕方についてご紹介してきました。

下痢をしたときの基本的な対応の仕方は、

  • 水分補給をさせること
  • 絶食をして胃腸を休ませる

ことになります。

ただ、下痢以外に症状が見られる場合は、動物病院に受診してください。

また、受診の際には下痢の色や形状、下痢以外に見られる症状、下痢の原因として考えられることなどを明確にしておき、分かる範囲で良いので獣医師に伝えましょう。