サイトのデザインを変更しました! 記事内のデザインも随時変更中!

犬の外飼いや長時間の留守番が里親の壁になる理由

犬の外飼いや長時間の留守番が里親の壁になる理由

里親になる犬を探しているとき、決まって里親の条件としてあるのが常に自宅に誰かいることや室内で飼えることです。

でも、共働きや一人暮らしの人のように犬を自宅に残して長時間留守番させる環境外飼いと決めている人にとっては、大きな障害となってしまっています。

参考記事:一人暮らしは犬の引き取り不可?断られたらどうすればいい?

そこで、今回は犬の外飼いや長時間の留守番が里親の壁になる理由をご紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク

[ad#adsense1]

犬の外飼いがダメなのはなぜ??

まだ日本が犬を番犬として飼っていた頃は、犬の外飼いが常識でした。

『ドラえもん』や『サザエさん』に出てくる犬は玄関そばに犬小屋があって、中庭の地面に杭を打ち込み犬が鎖に繋がれている風景が当たり前でした。

でも、最近では番犬という役割よりも子供の遊び相手や人生のパートナー的な存在であったり、ときには飼い主の良き理解者として飼われることが多くなりました。

そのため、大型犬でも室内飼いは珍しくなくなってきました。

こういった背景が犬は室内飼いが当たり前というような風潮が広まっているように思います。

また、夏は涼しく、冬は暖かく、安心して眠れる居場所を用意できるということからも室内飼いは犬を飼う上で必須条件となっていったのです。

なんで犬に長時間の留守番をさせちゃダメなの?

共働きや一人暮らしの場合、長時間、犬にひとりで留守番をさせなければなりません。

世の中には犬にしつけをして、ひとりで留守番できる犬もいるのになぜ、里親に出される犬に留守番をさせてはいけないのでしょうか?

しつけをしっかりすれば、留守番させることもできるかもしれません。

でも、犬の立場に立って考えてみたら、どうでしょうか?

一度は死の淵に立たされた犬がやっと温かく迎えてくれる人と出会えて引き取られたのに、いつもひとりぼっち…。

参考記事:犬がストレスを受けやすい飼育環境の変化や注意点を紹介

里親を探す人の立場に立ってみれば、犬が幸せになるためには、誰でも簡単に里親になれることよりも、犬のことを優先してくれる人を選びたいと思うのも無理もないことです。

また、留守中に犬が病気やケガをした場合に、犬ひとりでは病院に行くことも、応急処置をとることもできません。

症状によっては、命の危険がある場合も考えられます。

そういった意味でも、長時間、犬ひとりにしておくことは、リスクが高いと言えます。

参考記事:災害に備える!犬と同行避難のために必要な準備やしつけ

 

スポンサーリンク

[ad#adsense1]

共働きや一人暮らしは犬の里親になれないの?

外飼いや長時間の留守番がダメなら、共働きや一人暮らしの人は、犬の里親になれないのでしょうか?

まずは、結論を出す前に、

  • 本当に外飼いでなければ犬を飼えないのか?
  • 長時間の留守番をさせないためにできることはないか?
  • 犬の里親になるために妥協できるところや工夫できることはないか?

などをもう一度、考え直してみましょう。

また、どうしても引き取りたい犬がいるのなら、その犬の里親募集している人に相談してみましょう。

募集側としては、犬を幸せにしてくれる人を探しているわけですから、あなたの熱意が伝われば、相談に乗ってくれる場合もあります。

犬を迎える環境について考え直して、ダメ元でも募集側に相談して、やれることは全てやって、それでもダメなら、その犬を諦めるしかありません。

ちなみに、保護犬を助ける方法には、こんな考え方もあります。

こちらの記事を読んでみてください!

参考記事①:保護犬とシェアハウス!楽しくボランティア支援ができる仕組み

参考記事②:【寄付やボランティア】引き取り以外で保護犬を助ける方法

さいごに

里親の条件は犬を幸せにしてくれる人を探すために、ふるいにかける手段の一つだと言えます。

あなたがその犬を「必ず幸せにしてあげられる!」という自信があるのなら、その熱意を募集側に伝えてみてください。

参考記事:保護された犬の幸せのために必要な里親の心構えとは?

もしも、あなたが気に入った犬とは縁がなかったとしても、次の新しい犬との出会いのきっかけとなることもあります。

私自身も、最初から今の愛犬に出会えた訳ではありませんでした。

どうか、諦めずに”長期戦”を覚悟の上で、あなたのライフスタイルに合った犬探してみてください。

素敵な犬との出会いがあることを心より祈っています。

保護犬の里親になるための心構えや手続き・登録について解説

他の記事を読む⇒サイトマップ