サイトのデザインを変更しました! 記事内のデザインも随時変更中!

犬の爪切りの頻度や爪が伸びすぎると危険なワケとは?

犬の爪切りの頻度や爪が伸びすぎると危険なワケとは?

愛犬の爪切りは、どのくらいの頻度で行っていますか?

自分で爪切りをしていますか?

それとも、ペットサロンや動物病院でお願いしていますか?

犬の爪にはちゃんとした役割があるため、定期的に爪切りをする必要があります。

また、爪切りをせずに放置しておくと、爪はみるみるうちにカーブを描いて伸び愛犬自身を傷つけてしまう恐れがあります。

そこで今回は、犬の爪切りの頻度や爪が伸びすぎると危険な理由についてご紹介したいと思います。

Advertisement

犬の爪の役割とは?

犬の爪をよく観察してみると、人間の真っ直ぐ伸びる爪の形と違って犬の爪はカーブを描くように伸びています。

これは犬が地面を蹴って走り出すときに役に立ちます。

スポーツシューズの裏にあるスパイク(尖ったクギのようなもの)のような役割があるのです。

犬が瞬発的に早く走り出せるのは、このカーブを描いた爪があるからなんです。

ただ、注意しなければいけないのは、爪が伸びすぎてしまうことです。

定期的に爪切りをしていれば、その心配はありませんが放っておくと犬を傷つけてしまいかねません。

では、犬の爪が伸びすぎるとどんなリスクがあるのか確認しておきましょう。

犬の爪が伸びすぎると危険なワケ!

先程も話した通り、犬の爪はカーブを描くように伸びています。

そのため、爪切りをせずに放置しておくと、

  • 血管や神経が伸びすぎる
  • 何かに引っかかって転倒しやすくなる
  • 爪が折れたり割れる
  • 肉球に爪が食い込み化膿する
  • 骨格が変形する

などの危険があるのです。

では、一つずつ詳しく見ていきましょう。

血管や神経が伸びすぎる

犬の爪の中には神経や血管が通っているため、爪が伸びすぎると神経や血管も一緒に伸びてしまいます。

本来の適切な爪の長さに爪を切ると、長くなった神経や血管を同時に切ってしまうことになります。

神経や血管を切ることになるので、出血もしますし強い痛みを感じることになります。

何かに引っかかって転倒しやすくなる

爪が伸びれば、

  • カーペットやカーテン、洋服などの布製品
  • ケージなどの柵の隙間

などに引っかかって転倒したり、爪が引っかかって家具や床に置いてあるものにぶつかるなどして犬がケガをする恐れがあります。

爪が折れたり割れる

爪が長くなると人間でも爪をどこかにぶつけて、折れたり割れることがあります。

犬も爪が長くなると人間同様に、爪が折れたり割れることがあります。

深く折れたり割れることで、爪の中の神経や血管を痛めてしまい痛みや出血を伴うことも考えられます。

肉球に爪が食い込み化膿する

犬の前足(※1)には狼爪(ろうそう)があり(※2)、人間で言う親指の爪のようなものです。

どこにあるかと言うと、地面に着く4本の指よりも少し上で足の内側にあります。

このように、狼爪は地面に着かないので爪が地面に自然に削られることがないため、爪が伸びやすいのです。

狼爪を定期的に切らないと、くるんとカーブを描いて巻き爪になった狼爪が肉球に食い込む場合があります。

狼爪が突き刺さった傷口には細菌が入り、化膿するまでに悪化することもあります。

そのため、とくに爪が伸びやすい狼爪は、定期的に切る必要があります。

骨格が変形する

「犬の爪が伸びすぎることで骨格が変形するの?」と思いますよね?

でも、爪の伸びすぎで骨格が変形することは、確かにあるんです。

と言うのも、爪が伸びすぎることで爪が床や地面に触れて犬は歩きにくくなります。

そうすると、犬は指を少し浮かせた状態にするなどして爪に体重がかかり過ぎないように不自然な歩き方になってしまうのです。

つまり、この不自然な歩き方が骨格の変形に繋がるという訳です。

人間でも姿勢が悪いと猫背になったり、骨盤が歪んだりストレートネックになるなど骨格が変形するのと同じことですね。

そして骨格の異常は体に悪影響を及ぼすことがあります。

人間よりも体が小さな犬にとって影響があることは明らかです。

 

※1.犬によっては、後ろ足に狼爪がある場合もあります。後ろ足の狼爪は皮膚一枚で繋がっているため、自然と取れてしまうこともあるようです。

※2.狼爪は「狼の爪」と書いてある通り、犬の先祖と考えられている狼の名残りだと言われており、地面に着く位置にもなく他の4本の爪と比べて不要なものとして考えられています。ただ、全力疾走する犬が急な角度に方向を変えるときや物を掴む際に狼爪が使われているとも言われています。

爪切りはどれくらいの頻度がベスト?

愛犬がフローリングの床を歩くときにカチャッカチャッカチャッと不思議な音が聞こえることがありませんか?

実は、その音こそ爪切りをするサインです。

このカチャッカチャッカチャッとする音の正体は、爪が伸びて床に当たるときの音なんです。

床に爪が当たるということは、それだけ爪が伸びているという証拠です。

犬によっては月に2回ほど爪切りが必要な犬もいますが、基本は月に1回は爪切りをすれば良いと言われています。

犬によって爪切りの頻度に差があるのは、その犬の個体差や散歩などで地面を歩くときにどの程度爪が自然に削れるかにもよるからです。

なので、愛犬の爪が伸びるスピードを観察して、「爪が床に着きそうだな」と爪切りをしたり。

「カチャッカチャッカチャッの音が聞こえてきたから爪切りのサインだ!」と気づいて爪切りをしましょう。

さいごに

今回は犬の爪切りの頻度や伸びすぎると危険な理由についてご紹介してきました。

ブラッシングはよくやるけど、意外と爪切りはやってなかったなんて方もいるかもしれませんね。

爪切りのサインを見逃さないためにも、耳をすまして愛犬の足音をチェックしましょう!