サイトのデザインを変更しました! 記事内のデザインも随時変更中!

夏にバリカンで犬をサマーカットにするのは注意が必要な理由

夏にバリカンで犬をサマーカットにするのは注意が必要な理由

梅雨も間近と迫ってくるこの季節、湿度が高くて蒸し暑さが1日続く日もあります。

人間よりも体温が高い犬にとっては、人間以上に暑さを感じているはずです。

ましてや、毛皮を着ているのと同じような体の構造をしているのですから…。

そんなときは、「サマーカットにしましょっ♪」と愛犬を思い、バリカンでバッサバサとペットサロンで愛犬の被毛を刈ってもらう方も多いのでは?

でも、ちょっと待ってください!

サマーカットで必要以上に毛を短くしてしまうと、暑さ対策に逆効果になるばかりか、熱中症にかかるリスクを高めてしまうこともあるんです。

そこで今回は、愛犬をバリカンでサマーカットにする際に注意するべき理由について、ご紹介したいと思います。

まずは、サマーカットについておさらいしてみましょう。

 

スポンサーリンク

[ad#adsense1]

そもそもサマーカットとはどういうもの?

犬を飼っている方なら、サマーカットという言葉を一度は耳にしたことがあるかと思います。

読んで字のごとく、夏向けの短いカットスタイルのことを言います。

バリカンでサマーカットをする場合、皮膚から2㎜~3㎜の短さにカットなど丸刈りに近い短さにする方もいるようです。

サマーカットをする犬種は、主に被毛が長い長毛種に多く見られます。

たとえば、トイプードルやチワワ、ダックスフンド、シーズー、ポメラニアンゴールデンレトリーバーなどの犬種です。

でも、サマーカットをする理由は、ただ暑さ対策だけなのでしょうか?

愛犬をサマーカットをすることに、暑さ対策以外にどんなメリットがあるのでしょうか?

サマーカットのメリットとは?

サマーカットをするメリットには、こんなことが挙げられます。

  • 毛玉になりにくく被毛のお手入れが簡単
  • ドライヤーで乾かすのが簡単
  • 汚れを落としやすい
  • 風通しが良くなり皮膚病予防になる
  • 手足の飾り毛が汚れにくくなる
  • ノミやダニを発見しやすくなる
  • 見た目をより可愛くできる

などお手入れのしやすさが印象的です。

こうやって見ていくと、「なーんだ。良いこと尽くめじゃないの」と思われるかもしれませんね。

でも、問題なのはここからです。

次にサマーカットにするデメリットをご紹介します。

サマーカットの注意するべきデメリットとは?

サマーカットにする際、被毛を極端に短くし過ぎてしまうとこんなデメリットが出てきます。

  • 皮膚に直射日光が当たってしまう
  • 熱中症にかかりやすくなる
  • ノミやダニ、蚊などに刺されやすくなる
    被毛が短いため、皮膚にすぐに到達してしまう
  • バリカン使用によって皮膚を傷つけてしまう
    バリカンの刃が皮膚に当たって赤くなったり
    ケガをしてしまう
  • バリカン使用によって毛質が変わってしまう
    バリカンで刈ったところから新しく生えた毛質が
    変わってしまう場合がある

などがあります。

参考記事:マダニは犬の命も脅かす!感染症の心配や駆除方法を紹介

ただし、皮膚病の処置としてバリカンで被毛を短くする場合は例外です。

では、サマーカットをする際に注意すべきことをご紹介する前に、まずは犬の被毛の役割について理解を深めましょう。

犬の被毛には重要な役割があった!

犬の被毛は寒さを凌いだり、見た目を可愛くするためだけではないんです。

犬の被毛には冬の寒さや夏の暑さに適応するため、体温を調節する重要な役割があるんです。

犬の被毛が密集しているところには空気の層があり、断熱の役割を果たしています。

そのため、秋には冬毛が生えて保温効果を発揮し、春には夏毛に生え変わり直射日光の熱から皮膚を守り体温を調節しています。

また、犬の皮膚は人間よりも薄く外部からの刺激を受けやすいデリケートな皮膚のため、被毛がバリアとなり外部からの刺激を撥ね退ける役割もあります。

外部からの刺激には、

  • 紫外線
  • ノミやダニ、蚊
  • 感染症の原因となる病原体

などがあります。

今回、サマーカットにおいて、注目すべき外部からの刺激は紫外線です。

もう、あなたもお気づきかと思います。

そうです!サマーカットのデメリットでも挙げた2つの項目にはこの紫外線、つまり直射日光が関連しているのです。

では、いよいよサマーカットをする際に注意すべきことを見ていきましょう。

 

スポンサーリンク

[ad#adsense1]

サマーカットをする際に注意すべきこと

先ほどご紹介したサマーカットのデメリットをもう一度確認してみましょう。

  • 皮膚に直射日光が当たってしまう
  • 熱中症にかかりやすくなる
  • ノミやダニ、蚊などに刺されやすくなる
  • バリカン使用によって皮膚を傷つけてしまう
  • バリカン使用によって毛質が変わってしまう

とくに注目すべきところは、上の2つの項目です。

  • 皮膚に直射日光が当たってしまう
  • 熱中症にかかりやすくなる

犬の被毛の役割でもご紹介した通り、被毛は体温調節する役割がありましたね。

でも、サマーカットによってバリカンで短く刈られてしまうと、被毛は本来の役割である体温調節が機能しないことになるのです。

つまり、こういった問題が浮かび上がってきます。

 

バリカンでサマーカットにする
  ↓
被毛が短いため、夏の暑さに適応できなくなる
  ↓
犬の皮膚が直射日光を浴びる
  ↓
薄い皮膚は紫外線を浴びる、体温調節できず体温が上がる
  ↓
皮膚病や皮膚ガン、日射病や熱中症のリスクが高まる

 

参考記事:犬の皮膚にできた腫瘍が悪性か良性か違いを調べてみた

 

体温調節という重要な役割を果たせないまでに短く刈られてしまった被毛は、暑さ対策になるどころか熱中症などのリスクを高めていたんです。

ここで、あなたはこんな疑問が思い浮かんでいるのではないでしょうか?

「サマーカットはしちゃダメなの?」

ここまでの流れで見ていくと、確かにこういった疑問が浮かんで当たり前です。

これはあくまでも、体温調節の役割を果たせないほどバリカンで丸刈りなど被毛を短くしてしまったサマーカットの場合です。

「えっ?どういうこと??」と混乱してしまいますよね。

では、次に犬の暑さ対策に有効なサマーカットについて、ご紹介します。

暑さ対策に有効なサマーカットとは?

サマーカット自体が悪いものではありません。

サマーカットも正しくカットすれば、犬の暑さ対策にとても有効です。

それに、いくら犬の被毛が体温調節の役割があると言っても40℃を超す蒸し暑さには対応しきれません。

参考記事:犬が発熱した!犬の体温の測り方や体温を下げる方法を紹介

では、どんなことに注意してサマーカットをすれば良いのでしょうか?

バリカンでのサマーカットはしない

犬の被毛は直射日光や紫外線を避ける、言わば日よけのようなものです。

バリカンを使ってサマーカットをする場合、サマーカットのデメリットでも紹介しましたが、

  • 皮膚を傷つけてしまう
  • 毛質が変わってしまう

などのリスクがあります。

犬が暴れてバリカンの刃が皮膚を切ってしまったり、デリケートな皮膚がバリカンの刃の刺激によって皮膚が赤くなってしまうことがあります。

また、犬によってはバリカンで刈った部分の毛質が変わってしまったり、被毛の生え方にムラが出たり、被毛が全く生えてこないということもあるようです。

美しいサラサラヘアが特徴だった愛犬がバリカンでサマーカットにしたことにより、ゴワゴワの被毛になってしまったということもよく聞かれます。

ただ、実際のところ、これらの原因は解明されていない状態です。

こういったリスクがあるということを頭に入れておき、なるべくならハサミでカットしてくれるペットサロンを探すことをおすすめします。

最低でも2㎝の長さの被毛は維持する!

犬の被毛の長さを短くカットする場合は、最低でも2㎝の長さは維持する方が良いと考えられています。

と言うのも、犬の被毛が断熱効果を発揮するには、最低でも2㎝の長さが必要だという意見もあるためです。

そのため、サマーカットをする場合は、2㎝の長さを残してハサミでカットしてもらいましょう。

2㎝と言うと、サマーカットとは言えないかもしれませんが、「サマーカットはこうあるべきだ!」という固定概念よりも、「ウチの愛犬にはこの長さがベストなサマーカットだ!」くらいに思えると良いですね!

部分カットや被毛をすいて暑さ対策を!

サマーカットをして被毛のお手入れを効率的にしたいと考える気持ちも良く分かります。

中には、川や自宅での水遊びなどを頻繁にしている場合、犬がずぶ濡れになる度にドライヤーで乾かすことはかなりの飼い主さんの負担にもなります。

もちろん、犬を飼うと決めた以上は、犬の被毛のお手入れは飼い主としての責任の一つです。

ただ、犬に負担がかからない程度に被毛をカットして、少しだけでもお手入れを簡単にするということも必要かと思います。

水遊びが大好きな犬なのに、飼い主がお手入れが面倒で水遊びの回数が減るなんてことになるくらいなら、ちょっとくらいは楽してもバチは当たりません(笑)

ただ、前提条件としては被毛の役割が果たせる長さにカットすることです。

そこで、おすすめするカット方法は、

  • 全身カットではなく部分的なカット
  • スキバサミで被毛をすく

などです。

足裏や肛門の周り、耳や足の飾り毛など短くカットしても支障が無い部分をトリマーさんと相談してカットしてもらいましょう。

スキバサミで被毛をすいてもらい、風の通りを良くし体温の熱を外に逃がすのも暑さ対策としておすすめです。

素人がカットしてしまうと、切り過ぎたりハゲてしまったなんてこともあるので、被毛のカットは信頼できるプロのトリマーさんにお願いしましょう。

ちなみに、被毛のカット以外の暑さ対策も万全にしておきましょう!

参考記事:犬が室内やドライブで快適に過ごすための暑さ対策と注意点

さいごに

いかがでしたでしょうか?

サマーカットもやり方を間違えてしまうと、暑さ対策でやったことが逆効果になってしまうことがお分かりいただけたのではないでしょうか?

今年の夏は愛犬の暑さ対策に有効なサマーカットで夏を乗り切りましょう!