サイトのデザインを変更しました! 記事内のデザインも随時変更中!

ドッグフードの疑問を解決!種類や非常食・保存方法

ドッグフードの疑問を解決!種類や非常食・保存方法

突然ですが、あなたはドッグフードに関する疑問はありませんか?

今更すぎて人には聞けなかったり、こんなときどうすればいいのかなって悩むことってありますよね。

例えば、ドッグフードの種類とか保存方法だったり非常時の犬の非常食はどうすればいいのか?など。

そこで今回は、ドッグフードに関する様々な疑問にお答えしたいと思います。

まずは、ドッグフードの種類から確認していきましょう!

Advertisement
目次

ドッグフードにはどんな種類があるの?

市販されているドッグフードの中には、数えきれないほど多くの種類があります。

まずは、ドッグフードの種類を知っておきましょう。

ドライフード

ドッグフードに含まれる水分量が10%以下のもので、賞味期限が長く保存性に優れています。

加熱処理されているものが多く、ほとんどが固形状になっています。

比較的価格が安く、経済的です。

一般的に犬に与えるエサとして選ばれているドッグフードです。

ソフトドライフード

ドッグフードに含まれる水分量が25~35%のもので、指で潰せるくらいの柔らかさです。

加熱処理されており、しっとりと柔らかい食感を残すために湿潤調整剤(※1)が使われています。

一般的には、半生タイプのドッグフードで知られています。

セミモイストフード

ドッグフードに含まれる水分量は、ソフトドライフードと同じ25~35%です。

こちらもしっとりと仕上げるために、湿潤調整剤を使用しています。

ソフトドライフードとの違いは、製造工程にあります。

ソフトドライフードは混ぜ合わせた原材料を押し出し機で粒状にし、発砲して膨らませているのに対し、セミモイストフードは膨らませていないものを言います。

ウェットフード

ドッグフードに含まれる水分量が75%程のもので、長期間保存できるように缶詰やレトルトパウチなど殺菌処理された容器に入れたものです。

嗜好性が高く、多くの犬の食欲をそそります。

ただ、開封後は日持ちしません。

冷蔵庫に保管し、当日中に使い切る必要があります。

 

ドッグフードには、様々な種類がありますよね。

中でも私がおすすめしたいのは、ドライフードです。

ドライフードは、他のドッグフードに比べ水分量が少なく、犬に必要な栄養がしっかり摂れるものが多いんです。

 

※1.湿潤調整剤とは、厚生労働省から認可されている食品添加物です。

犬はずっと同じドッグフードだと飽きる?

毎日ずっと同じドッグフードだと犬が飽きると思っていませんか?

でも、犬はドッグフードに飽きることはありません。

その理由として、犬の舌にある食べ物の味を感じる細胞(味覚細胞)人間の5分の1程しか無いためです。

犬にとって味覚は、嗅覚や聴覚に比べて鋭いものではありません。

つまり、人間ほど味覚が発達していないのは、生きる上で嗅覚や聴覚の方が重要だということです。

そもそも、自然界には調味されたものを食べる習慣はないのです。

なので、犬はずっと同じドッグフードを食べていても飽きることがないんです。

 

もしも、ドッグフードを食べないことがあったら、それは次のような原因が考えられます。

  • おやつなど間食が多い
  • 人間が食べる物を与えている
  • ウェットフードなど食欲をそそるものを与えている
  • 新鮮な肉が主原料に使われていない
  • 体調が悪く、食欲がない

これらのうち、当てはまることがないかもう一度見直してみましょう。

ドッグフード嫌いの犬はどうすればいい?

食欲もあるし、体調も悪くないのにドッグフードだけを食べないという犬もいます。

中には嗜好性が強く、今食べているドッグフードに満足できないという犬も稀にいます。

では、それ以外の理由と対処法をご紹介します。

犬がドッグフードを嫌いな理由とは?

犬がドッグフードを嫌いな理由として、

  • ドッグフードより食べたいものがある
  • 飼い主に甘えている
  • ドッグフードの匂いが嫌い
  • ドッグフードが合わない
  • 環境の変化などによるストレス

などがあります。

赤ちゃんが生まれる、新しいペットが増える、新しい家庭に引き取られるなど環境の変化などによりストレスを抱える犬もいます。

そして、一時的にドッグフードを食べなくなることもあります。

その場合は、ドッグフードそのものよりストレスの原因を取り除いてあげましょう。

では、ドッグフード嫌いの犬に食べてもらうには、どうすれば良いのでしょうか?

ドッグフード嫌いの犬への対処法は?

ドッグフード嫌いの犬には、次のような対処法を試してみてください。

  1. 一定の時間を決めて、食べなくても食器を下げる
    ※次の食事の時間までは水以外は与えない
  2. 40℃くらいのお湯をかけて匂いを強める
  3. 脂分の少ないお肉の出し汁をかける
  4. 犬用のトッピングをかける
  5. 犬に合った別のドッグフードに変える
  6. 手作り食に変える

ただ、胃腸が元々弱かったり、食物アレルギーなどドッグフードと相性が悪い場合もあります。

その場合は、対処法の5や6を試して、犬が安全に食べれるものに切り替えましょう。

肉が主原料のドッグフードは胃腸が弱い犬に負担では?

胃腸が弱い犬には、むしろ新鮮なお肉をたっぷり使ったドッグフードを選ぶべきです。

最近の犬の食生活と言うと、健康のために必要な栄養素が摂取できるドライフードが一般的です。

でも、犬は元々肉食の動物です。

野生時代より狩りで捕らえた獲物の肉や内臓などを食べて生きるために必要な栄養を摂っていました。

そのため、犬の消化器官は、肉などの動物性たんぱく質を消化しやすい構造になっているんです。

そこで、さらなる疑問が浮かびます。

犬には野菜に含まれる食物繊維やビタミンなどは必要ないのか?

もちろん、犬にもそういった栄養素は必要です。

ただ、犬は草食動物の内臓を食べることで消化途中の草からそういった栄養素を摂っていたんです。

そう、犬って賢い!

もちろん、犬がそれを理解して食べていた訳ではないと思いますが (;^_^A

一から草を消化することは出来ないなら、消化できるまでに分解されたものを食べればいいということです。

なので、ドッグフードは、食物繊維やビタミンなどの栄養素も含まれている肉を主原料にしたものを選びましょう。

また、胃腸が弱い犬用のドッグフードも販売されているので、そちらもチェックしてみてくださいね!

ちなみに、我が家ではこちらのドッグフードを愛犬に与えています!

興味のある方はこちらの記事へ♪

オーガニックと無添加のドッグフードの違いは?

オーガニックフードや無添加フードなどドッグフードにも様々な種類があります。

でも、そもそもオーガニックって何?

無添加って何をもって無添加って言うの?

そんな疑問があるのではないかと思います。

では、さっそく違いを確認していきましょう。

オーガニックのドッグフードの特徴は?

突然ですが、あなたは有機栽培という言葉を聞いたことがありませんか?

そう、「オーガニック」とは、この有機栽培を表す言葉なんです。

人間の口に入るオーガニックフードの場合、有機JAS認定を受けた食品だけが「オーガニック」を名乗ることができます。

有機JAS認定の基準は、

  • 過去3年間に渡って農薬や化学肥料などを使用していない土壌で栽培されたもの
  • 遺伝子組み換え品を原材料に使用していない
  • 人工的に作られた添加物や保存料などを使用していない

などがあります。

このように、使用する原材料の栽培段階から有機栽培や無農薬にこだわって作られた原材料を使った食品をオーガニックフードと言います。

ただ、ドッグフードの場合、日本ではオーガニックと表記することへの制限はされていません。

つまり、主原料だけはオーガニックのものだったり、オーガニックの原材料を使用していても製造の段階で添加物などを使用して作られている場合もあるということです。

なので、オーガニックのドッグフードを選ぶ場合は、パッケージの表示だけで即決せず、製造会社のHPなどでしっかりと確認してから選ぶようにしましょう。

無添加の特徴は?

一方、「無添加」とは、その名の通り添加物が使われていないことを示しています。

例えば添加物には、

  • 防腐剤
  • 着色料
  • 香料

などがあります。

原材料からドッグフードを製造する段階で科学的な添加物を使用せずに作ったドッグフードのことを無添加ドッグフードと言います。

オーガニックと無添加の違いをまとめると?

オーガニックのドッグフードは、原材料にこだわったドッグフード。

無添加のドッグフードは、製造段階で添加物を使用しないことにこだわったドッグフードということです。

一番良いのは、オーガニックでありながら無添加で製造されたドッグフードです!

添加物や化学肥料、農薬などによるアレルギーの心配がありませんから。

どんなドッグフードを選ぶにせよ、中身をよく調べてから選びましょう!

ドッグフードの賞味期限の長さはどれくらいだと安全?

ドッグフードの賞味期限の記載は、ペットフード安全法で義務付けられています。

記載方法は、アラビア数字で「年月日」もしくは、「年月」を記載することとなっています。

例えば、「170301」というような表記の仕方です。

賞味期限の長さについては、とくに義務付けられてはいません。

ただ、製造者が賞味期限を設定した場合は、3年を超えてはいけないことが義務付けられています。

でも、一般的なドッグフードは、賞味期限が1年前後のものが多いようです。

なので、2年以上の賞味期限がある場合は、要注意です!

どうしても理由が気になるなら、メーカーのHPで確認したり、問い合わせてみると良いでしょう。

ドッグフードの正しい保存方法は?

ドライフード、ウェットフードの正しい保存方法についてご紹介します。

ドライフードの保存方法は?

未開封であれば、直射日光が当たらず温度変化が少ない場所に保存しましょう。

開封後は袋の封をしっかり閉じて、直射日光が当たらず温度や湿度の変化が少ない場所に保存し1ヶ月以内に使い切りましょう。

冷蔵庫に入れたくなるかもしれませんが、袋を出し入れする際に結露が生じてカビが生えてしまうこともあるので必ず常温で保存するようにしましょう。

また、袋の封をしっかり閉じないと、酸化が進んだり、湿気る原因にもなるので注意しましょう!

Advertisement

ウェットフードの保存方法は?

未開封であれば、ドライフードと同様に直射日光が当たらず温度変化が少ない場所に保存しましょう。

ただ、開封したウェットフードの場合、ドライフードに比べ水分量が多く常温で保存すると腐敗しやすくなります。

なので、開封後は密封容器に移し替えて冷蔵庫で保管し、その日のうちに使い切るのが理想的です。

1日以上冷蔵庫に入れておく場合は、冷蔵ではなく冷凍すると良いです。

ウェットフードを常温にどのくらい置いておけるか?と言うと、20分以内を目安にして食べ残したものは処分するのが良いとされています。

ドッグフードって何であんなに臭うの?

ドッグフードは、独特なニオイがあります。

種類や人によっては、臭いと感じる人もいるかと思います。

でも、ドッグフードのニオイは、あんな独特なんでしょうか?

ドッグフードのニオイは食いつきを良くする

安価で低品質なドッグフードは別として、高品質なドッグフードは食いつきを良くするために独特なニオイを放っているんです。

例えば、新鮮なお肉を主原料にしたドッグフードは、お肉のニオイがたっぷりします。

中には天然ハーブを原材料に使っていれば、ハーブの爽やかなニオイがするものもあります。

特に犬は、お肉のニオイや草などの自然なニオイが好きですからね。

でも、なぜそこまで食いつきを良くするためにニオイにこだわるのでしょうか?

それは、犬が食べ物を食べるときの味わい方にヒントがあります。

犬の食べ物の味わい方は人間と違う!

人間の場合、食事をするときには目で見て楽しんで、香りを嗅いで楽しんで、口に入れて味や食感、音を楽しみます。

でも、犬の場合は違います。

『犬はずっと同じドッグフードだと飽きる?』の項目でもご紹介しましたが、犬は人間ほど味覚は優れていません。

犬の場合、まずニオイを嗅いで食べれるものか判断し、口に入れてカリカリっとした食感を楽しみ、そして味という順番で食べ物を味わっていると考えられています。

つまり、人間が視覚→嗅覚→味覚→触覚→聴覚で、犬が嗅覚→触覚→味覚→視覚、聴覚というような違いがあるんです。

だからこそ、ドッグフードメーカーはニオイを重要視しているんです。

一気にドッグフードに切り替えない理由は?

ドッグフードを切り替える際に、ペットショップなどで必ず聞く説明があります。

「今食べているドッグフードに混ぜて、少しずつ新しいドッグフードの量を増やしてください」

おやつは何を食べても問題ないのに、ドッグフードを切り替える時だけ慎重になる理由はなぜでしょうか?

実は、犬の健康に関わるリスクを下げるためだったんです。

食物不耐性による体調不良を避けるため

「ウチの愛犬は何を食べても全然平気!」

もちろん、そういう犬もいます。

でも、中には食物不耐性と言って、ドッグフードに使用された食材や成分が体に合わず、嘔吐や下痢を起こしてしまうことがあります。

これは、犬に限ったことではありません。

人間でも起こり得ます。

この食物不耐性のリスクを下げるため、今食べているドッグフードに少量ずつ混ぜて犬の体調に変化が無いかをチェックする必要があるということです。

また、食物不耐性以外にも気をつけたいのは、食物アレルギーです。

ある特定の食材にアレルギー反応が出ると、皮膚や耳が赤くなったり痒がる、下痢が続くなどの症状が現れます。

犬の健康のためには、面倒くさがらずに正しい切り替えを行ってくださいね!

ドッグフードの切り替え方法とは?

ドッグフードの切り替え方法には、様々な意見があります。

  1. 新しいフードを1割ずつ増やしていき、1週間~10日かけて切り替える方法
  2. 新しいフードを2割ずつ増やしていき、2~3週間かけて切り替える方法
  3. ドッグフードメーカーによって新しいフードを25%ずつ増やしていき、1週間ほどで切り替える

などがあります。

どの方法においても一貫しているのは、犬のウンチの硬さで新しいフードの量を調整していくということでした。

中には、1の方法を推奨していても実際はもっと時間をかけて行っている人もいるようです。

あなたの愛犬の体調やウンチの状態を見て、ドッグフードを切り替えていきましょう!

犬の非常食には何を用意すればいい?

自然災害や様々な状況を考えて非常食を用意している家庭も多いかと思います。

そんな中、犬の非常食は意外と盲点だったりします。

「いざとなれば、食べているドッグフードを…」と考える人もいるかもしれません。

でも、出来れば人間用の非常食と一緒に犬用の非常食も準備しておきたいものです。

そこで、犬用の非常食にどんなものを準備すればいいかをご紹介したいと思います。

1.ドライフードを1袋ストックしておく

一番ロスが無いのは、今食べているドライフードをもう1袋買っておき、1袋食べたら、また新しいものを買ってくるという方法です。

普段食べないフードを非常食にしても非常時に食べ慣れていないと食べない場合も考えられます。

特に嗜好性が強い犬の場合に、おすすめの方法です。

2.缶詰のウェットフードを用意しておく

缶詰のウェットフードを非常食に置くメリットは、やはり賞味期限が長いことです。

そして、脱水症状を起こしやすいシニアの犬や水分をあまり摂取しない犬におすすめです。

また、ドライフードに比べ賞味期限が長いので、頻繁に新しいものを買い替える必要がありません。

ただ、ウェットフードはドライフードに比べ、水分量が多くカロリーや栄養が不足しやすくなります。

そのため、十分なカロリーを摂取するためには多めに準備しておく必要があります。

また、1缶の値段は安いものではありませんし、賞味期限が切れる前に消費しなければ処分せざるを得ない点は考える必要がありそうです。

3.犬の嗜好に合ったものも忘れずに準備を!

災害時には大勢の他人のそばで生活したり、野外で寝泊りするなど、犬も何かしらストレスを感じることもあると思います。

そんなとき、食欲を無くす犬も少なくありません。

そのときのために、愛犬の嗜好に合ったものも一緒に準備しておきましょう。

例えば、

  • 犬用のふりかけやトッピング
  • 犬用のスポーツドリンク
  • 犬が大好きなおやつ

などなど。

賞味期限や費用もかかるものなので、必ずしも必要な訳ではありませんがこういった備えの考え方もあるということをぜひ、知っておいてくださいね!

さいごに

今回は、ドッグフードに関する疑問についてご紹介してきました。

原因や対処法など人によっては考え方が違うため、様々な答えがあります。

やはり、相手は生き物なので必ずしも「この方法だけやれば絶対大丈夫!」とは言えるものばかりではありません。

あくまでも、個体差があるということだけは理解しておきましょう。

あなたの愛犬に合った正解を見つけるには、あなたが愛犬を観察し、いろいろ試していく必要があります。

悩んだときは、信頼できる獣医師やブリーダーなど専門家にアドバイスをもらうことも大切です。

では、あなたの愛犬に合った素晴らしいドッグフードに出会えることを祈っています☆彡