サイトのデザインを変更しました! 記事内のデザインも随時変更中!

犬の気持ちを考えると里親になっても名前は変えない方がいい?

犬の気持ちを考えると里親になっても名前は変えない方がいい?

犬を飼って教えなければならないことの一つに、犬に自分の名前を認識させることがあります。

でも、飼い主が変わるたびに犬の名前を変えると、犬が混乱するのではないかと心配になります。

それに、過去につけられていた以外の名前を覚えることができるのか不安もあります。

そこで今回は、犬の名前を変えても良いのか、犬は新しい名前を認識できるのかについてご紹介したいと思います。

Advertisement

そもそも犬は自分の名前を認識してるの?

犬の名前を変えるかどうかの前に、『犬は自分の名前を認識しているのか?』この疑問を解かなければ先には進めません。

それに、犬が自分の名前をしっかりと認識しているのなら、名前を変えてしまうと犬が混乱するかもしれません。

飼い主が犬の名前を呼ぶと、犬は目を輝かせて飼い主の元へ走って行く。

そんな微笑ましいシーンをあなたも見たり想像したことがあるかと思います。

でも実際には、犬は自分の名前を認識するというより、飼い主が名前を呼ぶことで「何か良いことがある♪」という行動に結びつけているに過ぎないんです。

「じゃあ、犬は自分の名前を認識してない!?だって、あんなに犬はしっぽを振って嬉しそうに飼い主の元へ行ってるじゃない!」

あなたは、そう思ったかもしれません。

たしかに、犬は名前に反応します。

でも、犬にとって名前はコマンドの一つでしかないんです。

犬にとって名前はコマンドの一つ!?

飼い主が犬の名前を呼んで、犬が目を輝かせて飼い主の元へ走っていくのは、犬が「飼い主が名前を呼ぶ=何かいいことがある」と認識しているからなんです。

飼い主は犬に名前に反応させるため、名前を呼んで反応したら「よしよし!偉いぞ!」と褒めたり、おやつをあげます。

そのため、犬は「飼い主が名前を呼ぶ=何かいいことがある」と認識するようになるんです。

逆に言えば、名前を呼んで犬が嫌がることをすると、犬は「飼い主が名前を呼ぶ=何か嫌なことをされる」と認識して呼ばれても聞こえないフリをしたり、無視をしたりするんです。

犬の名前を変えるのはアリ?ナシ?

犬が自分の名前を認識しているのではなく、「飼い主が名前を呼ぶ=良いことがある」と認識していることが分かりました。

つまり、犬の名前を変えるのはアリ!と言うことです。

犬にとって名前を変えることは、それほど重要ではないということが分かります。

では次に、犬の名前を変えるメリットやデメリットについて理解しておきましょう。

犬の名前を変えるメリット・変えないデメリットって?

犬の名前を変えるに当たって理解しておきたいことがいくつかあります。

それは、名前を変えるメリットやデメリットです。

名前を変えるメリット

  • 犬に対して愛着が深まる
  • 犬が名前に関する過去の嫌な記憶を早く忘れることができる
  • 犬のしつけの覚えが良くなることがある

名前を変えないデメリット

  • 犬が過去に名前を呼ばれて暴力を受けたことなど、
    嫌な記憶を思い出す
  • 「名前を呼ばれる=別のコマンド」と勘違いして覚えている

「名前を呼ばれる=悪いことがある」と覚えている場合、名前を呼ばれるとその当時の嫌な記憶を思い出し、不安や恐怖、怒りなどの感情を思い起こさせる可能性があります。

このように、犬によっては名前を変えた方が良い場合もあるということを理解しておきましょう。

さいごに

保護犬の場合、私たち里親は犬の過去を知ることはできません。

もしかすると、名前を呼ばれて虐待を受け続けてきた犬もいるかもしれません。

そういった意味では、犬に新しい名前をつけて犬に新しい犬生の一歩を踏み出す良いきっかけになるかもしれませんね。

もちろん、犬は「心機一転」という言葉の意味を理解することはできませんけど (;^ω^)

あなたとあなたの愛犬の新しい門出に、新しい名前を授けるという選択肢があることを知っておきましょう。

保護犬の里親になるための心構えや手続き・登録について解説へ戻る