サイトのデザインを変更しました! 記事内のデザインも随時変更中!

【寄付やボランティア】引き取り以外で保護犬を助ける方法

【寄付やボランティア】引き取り以外で保護犬を助ける方法

毎年のように全国で犬が殺処分されている現状を知り、保護犬を引き取りたいと考える人も少なくありません。

でも、いざ保護犬を引き取りたいと思っても、犬の幸せを真剣に考えた結果、一人暮らしだったり、共働きだったり、家族の中に犬嫌いがいたり難しいことってありますよね。

参考記事:保護された犬の幸せのために必要な里親の心構えとは?

そんなとき、「保護犬を引き取ること以外で保護犬のためにできる手助けをしたい!

そんな思いでいるあなた!

保護犬のためにできることをご紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク

[ad#adsense1]

保護犬のためにできること

保護犬のためにできることは、意外と様々なことがあるんですよ。

  • 保護団体に募金をする
  • 保護団体に寄付する
  • 保護団体へトイレシートやドッグフード、タオルなどの物品を寄付する
  • 保護犬の散歩や犬舎の掃除などのボランティアに参加する
  • 預かりボランティアに保護犬を届ける
  • 保護犬に関する知識や情報を発信する

では、一つずつ見ていきましょう。

保護団体に募金をする

保護団体では、保護犬の存在を知ってもらうためや保護活動のための活動費などに充てるため、募金活動を行っているところがあります。

街やイベント会場などで募金活動が行われていたら、募金をしましょう。

また、あなたがボランティアを希望しているのなら、募金活動をしている人に声をかければ、ボランティア募集などの情報を得ることができるかもしれません。

保護団体に寄付する

募金先に行けない場合やまとまった金額を定期的にサポートしたいと考えている場合は、保護団体の会員に入会したり、指定の口座に寄付することで保護犬をサポートすることができます。

ただ、注意したいのは信頼できる保護団体であるかを見極めることです。

中には、保護犬を利用して私腹を肥やしている人も少なからずいます。

ホームページなどで募金や寄付などの収支をしっかりと掲載しているかどうか、直接質問をしてみて、ちゃんとした回答が返ってくるかなど確認することをおすすめします。

あなたが信頼できると思える保護団体にだけ寄付をするようにしましょう。

保護団体へトイレシートやドッグフード、タオルなど
物品を寄付する

保護団体へ寄付をすると言っても、お金を寄付するのはちょっと抵抗があったり、経済的に余裕がない場合は、犬の飼育に必要な物品を寄付する方法もあります。

保護団体のホームページを見ると、トイレシートやドッグフード、タオル、クレートなど犬の飼育に必要なものを募集している場合があります。

物品を寄付したい場合は、保護団体に事前に確認を取ってからホームページなどに指定されるものを寄付しましょう。

 

スポンサーリンク

[ad#adsense1]

保護犬の散歩や犬舎の掃除などのボランティアに参加する

お金や物品の寄付以外にも保護犬のためにできることがあります。

それは、保護団体などで募集されているボランティアに参加することです。

ボランティアの活動内容には、犬の散歩や犬舎の掃除、募金活動への参加などがあります。

ボランティアの募集状況や内容は、事前に保護団体に確認をとっておきましょう。

預かりボランティアに保護された犬を届ける

ボランティアには、預かりボランティアさんに保護犬を自分の車で届けるボランティアもあります。

土日など仕事の休みを利用して、ボランティアをしたい人や県内外への車の運転が好きな人におすすめです。

ただ、ボランティアなのでガソリン代や犬用のケージなど必要なものは、自腹であることも理解しておきましょう。

保護犬に関する知識や情報を発信する

保護犬のために何かしたいけれど、表だってボランティアなどをするのが苦手だったり、人前に出るのが恥ずかしいという場合もありますよね。

自分には何もできないのでは?」と悩んでしまう人もいるかもしれません。

でも、大丈夫です。

実は、人前に出なくても保護犬のサポートに繋がるとても重要なことがあります。

それは、保護犬に関してあなたが見たり聞いたりした知識や情報をインターネットなどを通じて発信することです。

今、このブログを書いている私自身も情報発信をすることで、「保護犬たちのサポートに繋がればいいな」と思いながら書いています。

このブログを一人でも見てくれる人がいて、一つでも心に引っかかる情報があって他の誰かに届けば…

時間はかかるかもしれませんが、少しずつでも保護犬という存在を知らない人に知ってもらえる機会になると思うんです。

これなら自分でもできそう!」と思えることはありましたか?

もっと探してみれば、他にもあるかもしれませんね。

ぜひ、あなたに合ったサポートを保護犬たちのためにしてあげてほしいと思います。

ただ、注意したいことが一つあります。

それは、無理なく長く続けられることであるかということです。

「何を発信すればいいのか分からない…!」

そんなあなたには、まずはサトズムで基礎知識を理解するところから始めてみましょう!
サトズム

さいごに

募金であれ、ボランティアであれ、情報発信であれ、「手助けしたい」「役に立ちたい」という気持ちで人は行動を起こします。

できれば、長くサポートできることが理想的ですよね。

そのためには、無理なく続けられることを探すことが大切です。

もしも、あなたが持っているキャパを超えて、ボランティアに参加するとします。

最初はやる気に満ち溢れていて少しくらい無理をしていても気持ちだけで行動を起こし続けることができます。

でも、そのうちに気持ちだけが先走ってしまい、行動が追いつかなくなってしまいます。

それでは、あなた自身が保護犬への思いとあなたが思い描いている理想とのギャップで辛い思いをしてしまいます。

そうならないためにも、あなたが無理なく続けられることを探して、長く保護犬をサポートしてあげましょう。

保護犬の里親になるための心構えや手続き・登録について解説へ戻る